AMHをはかったところとても低い結果で妊娠を諦めようかと話をしています | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

35歳です。結婚して2年間妊娠しないため先月初めて専門のクリニックへ行きました。そこでAMHをはかったところ、とても低い結果で0.2でした。担当医から値は閉経も近いといわれとてもショックを受け、今後頑張っても妊娠する可能性が低いと思い、夫と妊娠を諦めようかと話をしています。諦めたほうが良いでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

AMHがかなり低いということは、値が正常な方と比較すると妊娠する確率が低いことになります。これは妥当な考え方です。ただそれがイコール妊娠できないということにはなりません。

 

たかが一つのホルモン値で妊娠を諦めることはあまりにも早まった考えであり、それは誤解していることになります。

 

卵子の質は年齢に大きく依存します。

35歳であれば十分に良い卵子があります。

わからないままでいるより今その事実を分かったことはむしろ幸運であり、少し時間はかかるかと思いますが、今からしっかりと治療に取り組めば良いと思います。

 

確率が低いからこそ、早く治療に取り組み、しっかりと1回1回の排卵を大切にして、丁寧に治療を受けていただければ十分に妊娠、出産することが可能になります。

 

なおAMHに関してはこちらにまとめてありますので参考にしたいただけたらと思います。