厚労省、多胎家庭にサポーター 孤立防止、20年度から | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

双子や三つ子といった多胎児を育てる家庭を支援するため、厚生労働省は2020年度から、育児サポーター派遣事業を始める。多胎児家庭は外出が難しいなどの問題を抱えて孤立しがちなことから、負担軽減を図る。多胎児家庭に特化した国の支援策は初めて。

 厚労省の人口動態統計によると、出生数に占める多胎児の割合は1980年の1.2%から、2018年は2.0%と増えている。出産時の母親の年齢が40~44歳では2.5%、45歳以上は6.2%に跳ね上がり、不妊治療の普及が背景にあるとみられる。

 双子や三つ子の場合、特に新生児期は授乳が1日数十回に及ぶこともあり、負担が大きい。