凍結胚移植で小児がん増加するか? | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

いつも拝読しております。デンマークからの後ろ向きコホートで『凍結胚移植で小児がん増加』というのがございました。先生のご意見を伺いたくメール致しました。ご多忙の折たいへん恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

ご質問の論文を検索したところ以下の論文が先月投稿されていました。

Association Between Fertility Treatment and Cancer Risk in Children

 2019 Dec 10;322(22):2203-2210

 

この論文では体外受精で生まれた子供はがんのリスクが上がるかどうかを検討しています。

デンマークで生まれた1,085,172名を後方視的に検討しています。

2,217名の児ががんと診断されました。

凍結胚移植(n = 3,356)で生まれた場合自然妊娠(n = 910 ,291)と比較するとハザード比は2.43 (44.4人 vs 17.5人 / 100 000人辺り)となり有意に小児がんの発生が高くなりました。

主に白血病のリスクが増加しました(ハザード比2.87)。

ただし調べた他の不妊治療ではリスクの増加は認められませんでした。