一人目が新鮮胚ですが二人目も新鮮胚が良いでしょうか? | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

現在40歳です。一人目を顕微授精で34歳で授かり、二人目妊活中です。以前先生のblogで、一人目と同じ方法で試すべき。と見た記憶がありますが、年齢が5年以上経っていても、同じことが言えますか?今通っているクリニックは全胚凍結が基本ですが凍結胚で3回結果が出ず、一人目は新鮮胚で出産したので、私としては新鮮胚が良いのではと思います。

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

一人目の時の治療方法はそれがあっていたので妊娠した訳で、同じ事をするとやはり妊娠します。その理由として人それぞれ妊娠しない理由は様々であり一人目の時にそこを解決できたので妊娠した訳で、また同じ事をすれば妊娠します。

新鮮胚移植は胚への負担がかからず凍結融解もしないためコストも時間も短縮になります。

胚が凍結に向いていない方の場合にはやはり二人目も新鮮胚が好ましくなります。

40歳の場合流産も考えてある程度凍結胚を作っておいてから移植をする事もお勧めではありますが、一人いるため余り過剰に凍結胚を作ることはコストや時間がかかる懸念もあり、一人目と同様に新鮮胚をトライして良いのではと思います。

ただ問題は年齢が5年以上上がっている事が挙げられます。ここを踏まえて診て戴いている主治医の先生と相談される事が良いかと思います。

 

宜しければこちらの記事も参考にして下さい。

二人目の方には是非自信を持って治療を受けて欲しいと思います 

一人目は一度で妊娠したのに、二人目で苦戦する方がいる 

出産すると妊娠しやすくなるか?