血糖値と妊娠率 | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。



妊娠前の血糖値は妊娠に影響するかは興味があるところです。
一般的には血糖値の上昇は妊娠には悪い影響を与えているのでは?というのが予測ですが、今回妊娠前の血糖値が高いと妊娠率が低下するという論文がありましたので紹介します。

このグラフは血液中のグルコースの濃度と妊娠との関係をオッズ比で表しています。
横軸の空腹時血糖値を示していますが空腹時血糖値が高いと縦軸の妊娠のオッズ比は下がることがわかります。
つまり血糖値が高いと妊娠しにくくなることがわかります。



この表は糖尿病、空腹時血糖値異常、正常の方において妊娠のオッズ比を比較しています。
正常と比較し空腹時血糖値異常の場合2割程度妊娠のオッズ比が低下し、正常と比較し糖尿病の場合3割程度妊娠のオッズ比が低下しています。
つまり糖尿病の場合には妊娠するまでの期間が長くなる傾向があることが分かります。


Human Reproduction, Vol.34, No.7, pp. 1325–1333, 2019
Pre-pregnancy maternal fasting plasma glucose levels in relation to time to pregnancy among the couples attempting first pregnancy