高齢の場合 | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

高齢の場合初期胚の新鮮胚を戻す方が良いのでしょうか?新鮮胚の場合、刺激する事で子宮内膜への悪い影響は出ないのでしょうか?クロミッドは内膜を薄くすると聞きました。

この様なご質問がありましたのでお答えします。

高齢の場合凍結、融解する事が胚への負担になるため出来るだけ胚への負担を軽減させる新鮮胚移植をお勧めします。(なお、ここで言う高齢とは44歳以上の事になります。)

また長期に培養する事も培養庫や培養環境や培養液が合わない場合には不向きになるため、それらの影響を受ける前の初期胚を移植する事が好ましくなります。

ご質問の通りで刺激にクロミッドを用いると内膜へ悪い影響を与えるためクロミッドを用いないでフェマーラを用います。フェマーラは内膜を厚くし着床に好ましくなります。
特に前周期の高温期からエストラーナを用いるとFSHが高い場合でも有効な方法です。


この件に関しては過去に何度か記事にしていますので以下参考にしてください。

高齢の場合の治療のポイント