6日目胚盤胞はどの位不利か | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。



5日目胚盤胞と比較すると6日目胚盤胞は妊娠率は少し低くなると言うのが一般的に知られています。
具体的にどのくらい差があるかは気になるところです。
Human Reprod に5日目胚盤胞と6日目胚盤胞の妊娠率、正児出産率を調べている論文が有りましたので紹介します。

以下の表の様に明らかに5日目胚盤胞の方が成績が良い事がわかります。
                             5日目胚盤胞      6日目胚盤胞
臨床的妊娠率         43.2%                    26.9%
正児出産率            29.6%                     17.0%
出生体重                 3336g.                   3543g


このグラフは5日目、6日目に於ける良好胚、不良胚の正児出産率を比べています
良好胚の場合も不良胚の場合もやはり5日目の方が6日目よりも高くなる事がわかります。


この論文から言えることは5日目胚盤胞の方が明らかに成績が良い為、5日目と、6日目の胚盤胞がある場合には5日目胚盤胞から移植をすべきと言うことになります。

Live birth rate following frozen–thawed blastocyst transfer is higher with blastocysts expanded on Day 5 than on Day 6 

Human Reproduction, Volume 33, Issue 3, March 2018, Pages 390–398,