流産後の内膜を薄くしないために | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

自然妊娠しましたが流産したため掻爬の手術を受けました。その後妊娠を希望してトライしていますが妊娠しません。何か原因があるのでしょうか?どのような検査をしたら良いでしょうか?

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

流産手術後の問題としてはアッシャーマン症候群といって子宮内腔に癒着ができることがあります。それにより着床か阻害され妊娠しにくくなります。

診断としては子宮鏡検査をすればすぐに癒着があるかどうかがわかります。治療方法はTCRにより癒着剥離を行うことです。

 

もう一つの問題としてはオペ後に子宮内膜が薄くなることです。掻爬により内膜組織がダメージを受けてその後回復しにくくなります。子宮内膜が薄いと着床がしにくくなります。

掻爬ではなくMVA吸引法でオペをすると内膜への損傷が抑えられます。日本産婦人科学会でも講習会が行われていました。

詳しくは以下を参考にしてください。

http://www.womenshealthjapan.com/dr/product/mva_system.html

 このMVA吸引法は副作用が少なく簡便でありとても有効な方法です。

 

過去にも同様な記事を書いておりますので参考にしてください。

流産手術の副作用