子宮内膜が薄くても妊娠する | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

子宮内膜は8ミリくらいの厚さが妊娠には必要と言う先生が多いかと思いますが、内膜が薄くても妊娠するという報告が有りましたので紹介します。


新鮮胚盤胞胚移植に置いて8ミリ台の方が43.2%と妊娠率は高いですが、6ミリ台でも以下の様に33.7%も妊娠しています。また、5ミリ台でも25.8%と妊娠率はある程度認められます。そのためかなり薄くても全然駄目という訳ではない事を説明する必要があります。




これは凍結融解胚移植の場合です。やはり内膜が厚い方が妊娠しますが、薄くてもある程度妊娠していることが分かります。


The impact of a thin endometrial lining on fresh and frozen–thaw IVF outcomes: an analysis of over 40 000 embryo transfers 

Human Reproduction, Volume 33, Issue 10, October 2018, Pages 1883–1888,