凍結胚が減り不安です | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。


テーマ:

42歳です。採卵を2回して胚盤胞が6個凍結したためその後移植をしましたが、良好胚から3回移植しましたが心拍が見えた後の流産が1回と化学流産が2回でした。残りの胚はグレードが最初の3個よりも下がります。2人目も考えていますが、今後の方針を採卵をするか移植をするか迷いますがどうすべきでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

残りの胚盤胞のグレードにもよりますが、今ある胚盤胞よりもグレードが良い胚を移植しても結果が出なかった事を考えると、もう一度採卵をして胚盤胞を凍結する方が好ましいかと思います。

なるべく若いうちに良好な凍結胚を数多く凍結しておく事は治療の王道の方法です。

 

凍結胚がいくつあれば大丈夫という事は難しい事ですが、無いよりは余裕を持って治療を進めた方が戦略的にも精神的にも好ましくなります。

 

実際に良くあるケースですが、2人お子さんを考えているため最初に5個程度凍結してから移植に移り、最初の2個で続けて出産して、3人目は断念するとの事で3個の胚盤胞を破棄するというケースもありますが、これはこれでしょうがない事であると思います。


ぴったり最後の1個で二人目を出産する事もありますがこれを前もって確実に行う事は不可能です。

負担が増えることもありますが、年齢が上がり先を読んで計画を立てる事が良いかと思います。

 

両角 和人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス