新鮮胚移植とOHSS | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。


テーマ:

高齢の場合に新鮮胚移植が向いているとのことでしたが、PCOSの場合、OHSSに対してはどのように対処すべきでしょうか?リスクは無いのでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

高齢の場合、凍結することが胚に対してストレスになるため新鮮胚移植が好ましいかと思います。

この場合の高齢とは、排卵誘発をしても卵巣の反応が余り良くない44歳、45歳以上を対象としていて、PCOSでOHSSになるような卵巣機能が高い方は対象とはしていません。

 

なお、質問とは少し視点が離れますが、治療の一番大切なことは副作用を出さないことです。

OHSSにしてまで妊娠することは明らかに間違っています。

新鮮胚移植をする場合には誘発はフェマーラと数回のHMGで2~4個程度の採卵数が好ましくなります。

両角 和人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス