空胞と変性卵 | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。


テーマ:

空胞や変性卵が続くと非常に精神的に辛いものがあります。

ただ漫然と空胞でした、変性卵でしたと言う事は好ましくなく

空胞も変性卵も次回に対して改善策をとることが可能になります。

 

空胞の場合には卵胞洗浄である程度防ぐことができます。

またトリガーを変更することも有効です。

刺激方法を変えることも有効です。

 

変性卵の場合、吸引圧を下げたり、針の太さを太くすることで

再発を少なくすることが可能です。

もともと変性していたのではなく、採卵の方法が好ましくないために変性することもあります。

また変性気味の卵子だとしても、慎重に顕微授精を行うことで妊娠に至ることもあります。

透明帯から外れた卵子での妊娠

 

体質などもあり空胞も変性卵も一定の割合で起こりえることですが

改善点を見出して対処すべきであり、対処できる事であると思います。

 

空胞はどうすればよいか?

両角 和人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス