胚盤胞にならなくても妊娠します | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。


テーマ:
担当医は胚盤胞しか移植しない方針です。一向に胚盤胞にならないため初期胚での移植を希望しています。本当に胚盤胞しか妊娠しないのでしょうか?

この様なご質問がありましたのでお答えします。

過去の論文や学会での発表などからも明らかですが初期胚より胚盤胞の方が妊娠率が高いことは明らかです。
そのため胚盤胞で移植を目指すことは王道の治療方法といえます。

ただ個々に合う合わないという観点で考えると、全ての方に胚盤胞を目指すその治療法が合わない方にとってはマイナスになり得ます。

胚盤胞を目指すメリットは、採卵数が多く、ある程度セレクションをかけ、移植胚を減らすという意味合いがあります。
高齢で採卵数が少ない場合にはこのセレクションが余り意味をなさなくなります。

また、長期の培養が合わないケースもあります。
現在の培養システムはかなり高度になっていますが、やはり母体の環境に勝ることは出来ていません。
培養液や培養庫、培養環境は所詮真似をしているにすぎません。
このわずかな差が高齢の卵にとってはストレスとなり胚盤胞になれないケースがあります。

培養庫で胚盤胞になれないのなら初期胚で移植して胚盤胞にならないから移植しても無駄、、、このような考え方は必ずしも正しくありません。

採卵数が少なく、高齢で、一向に胚盤胞にならない人こそ、初期胚で移植して、子宮の中で育てていくことを目指すべきであると思います。

両角 和人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。