立会い移植について | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。


テーマ:
当院では立会い移植を行っています。

移植後に本人にアンケートをとると、前回は非常に緊張したのですが、今回夫が一緒にいてくれた事でかなり精神的に安心できました。隣で手を握ってもらい落ち着きリラックスできました。
また旦那様にもアンケートをとると、大変な様子がよく理解できました。自分たちの胚を実際に見る事ができて純粋に感動しました。今後妻をより一層サポートしなければと思う。などというポジティブな意見が多くあります。


以下実際に行われているオペ室での移植の流れとなります。

旦那様にはマスクをして白衣に着替えてもらいオペ室に入り奥様の隣に座ってもらいます。
旦那様が座る位置は奥様の枕元の右脇になります。処置が見られて恥ずかしいからとい方もいますが、足元とは場所が離れており実際に処置しているところが見える場所ではありません。

最初に培養士がオペ室のモニターに胚の映像を拡大して映し、胚の現在の状況を説明します。孵化している場合にはその場所をポインターで示しします。

その後、移植用のカテーテルに胚が吸い込まれる映像を一緒に見てもらいます。
培養士がローディングしたカテーテルを医師に渡し、
実際に医師が見ているエコーを一緒に見て頂きながら移植を行います。
この際、出来るだけ見やすいようにエコーの画面は拡大して、胚が戻される場所にポインターを示しながら移植を行います。
胚は空気と空気の間に挟んで移植するため実際にカテーテルの先端から胚が移植される様子がわかるかと思います。(空気は白く映るため映像として見えるため目印になります)
移植後録画してある映像を再度数回再生して移植の映像を見せて説明します。

なお当院では移植のカテーテルがみえやすいようにシュアビューという特殊なカテーテルを使用しており、このカテーテルによりかなり正確に移植部位を特定することが可能になります。

最後に移植部位の写真を撮り、それをプリントしてお渡します。
また、実際に戻す直前の胚の写真もお渡ししています。

その後部屋に戻り、培養士が胚の説明をしに部屋に伺います。胚に関して疑問点があればその場で培養士が説明しています。

両角 和人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス