両側にチョコレート嚢腫があります。どうしたら良いでしょうか? | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。


テーマ:

結婚して3年、妊娠しません。31歳です。生理は順調で、夫婦生活もできます。夫の精液検査は正常です。先生からは両側に2センチ程度のチョコレート嚢腫があると言われています。今までタイミング2年近く、その後人工授精3回しましたが全く反応が出ません。このまま人工授精を続けても妊娠する気がしません。先生からは体外受精を勧められましたが、今後はどのようにしたら良いでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

この場合一番のお勧めは腹腔鏡手術を受けることです。

精子が問題なくて、年齢も若いため卵子の質も問題なくて、しっかりと排卵しているのに妊娠しないのは子宮内膜症が原因となってできた卵管周囲や卵巣周囲に癒着があるからです。

これはピックアップ障害(キャッチアップ障害)といって排卵された卵子が卵管に入ることができず、卵子と精子が出会っていないから妊娠しません。

 

対策としては、手術により原因となっている癒着を取り除くことで、卵子は卵管へ入ることができ、ピックアップ障害はなくなります。

年齢も若いしこの様なケースでは体外受精より腹腔鏡手術の方が良いと思います。

治せる病気は治して、自然に妊娠することを目指した方が良いと思います。

 

腹腔鏡手術に関しては過去の記事を参考にしてください。

 

両角 和人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス