排卵検査薬が出にくい場合にはどうすれば良いか? | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。


テーマ:

今後移植予定です。自然の排卵を利用して移植したいと思いますが、排卵日の予測が不安です。自分で排卵検査薬を使うのですが余りはっきりと線が出ません。排卵日を逃してしまう事が不安です。何か対策はありますでしょうか?

 

この様なご質問がありましたのでお答えします。

 

排卵検査薬を効果的に使う対策としては、以下の方法がありあす。

排卵検査薬を使う場合には朝一番の濃い尿が好ましいです。濃縮尿だとホルモン値がしっかりと反映されてきます。

朝一回でわかりにくい場合には朝と夜の2回行う事がお勧めです。

国産、海外メーカーなど多種類ありますが、もちろん一概には言えませんが、海外のメーカーだとはっきりとわかりにくい検査薬もあるため、使いやすいもので、日頃から線が出ているメーカーのものを使用することがストレスがないかと思います。

 

それでもわからない場合には、あとは病院でエコー検査と採血をして実際のLH濃度を測定する以外にはありません。

 

また移植周期になると精神的にストレスが出てきて排卵が遅くなることがあります。この様なケースではフェマーラを用いて排卵をしやすくする方法がお勧めです。

 

その他注意点としては、年齢や体質として基礎値のLHが高い場合にはだらだらと線が薄く出続けることがありサージがかかったかどうかわかりにくくなることがあるため注意が必要です。

両角 和人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス