卵管采は大切 | 両角 和人のブログ

両角 和人のブログ

生殖医療専門医の立場から不妊治療、体外受精、腹腔鏡手術について説明します。また最新の不妊治療の話題や情報を、文献を元に提供します。
ハワイのお勧めレストラン等ハワイ情報も書いてます。

腹腔鏡手術をしてみると卵管のいろいろな異常が分かります。


以前の記事 でも取り上げましたがある種の奇形が見つかります。


こちらの記事 も参考にしてください。)


卵管の先にある卵管采という場所から卵子は卵管に取り込まれます。

この卵管采はとても大切で、ここに異常があると妊娠することはかなり難しくなります。

卵管采は人により、大きさ、形、広がり方、方向、癒着など実に様々です。

こういった事は卵管造影検査ではまずわかりません。

もちろん日頃見ているエコー検査でも全くわかりません。

こういう異常は腹腔鏡検査で、注意をしてみることで初めてわかります。


卵管采が小さくて卵子をピックアップできないだろう、というケースもかなりあります。

これは癒着とは違い先天的なものなので病気とは異なりますが、生殖のためには致命的になります。


この小さい卵管采は腹腔鏡の手術で大きくすることはできないため、術後に妊娠しない場合には早めに体外受精に切り替える必要があります。