<自民総裁選>安倍首相と石破氏、テレビ番組で応酬 | カズのブログ

カズのブログ

世相の話題をチクリとささやきます。

日本を衰退させる官僚政治からの脱皮を!


テーマ:


◇石破派の農相が首相陣営から辞任迫られたとの問題で

 自民党総裁選に立候補した安倍晋三首相(63)と石破茂元幹事長(61)は17日、民放5局の報道番組に出演した。日本テレビの番組では、石破派の斎藤健農相が首相陣営の議員に閣僚辞任を迫られたとされる問題を巡り応酬。首相は「昔はもっと激しかった。そこでひるんではならない。それでもなお、という勇気が必要だ」と述べ、問題視しないとした。石破氏は「(要求は)誤っているし、党のためにならない」と反論した。

 首相は、田中角栄、福田赳夫両元首相の対立時を挙げて「角福戦争のころはこんなものじゃない。ヒートアップしてきたらそういう発言はある」と語ったが、その後のテレビ朝日の番組で、陣営への確認で斎藤氏に辞表提出を迫った議員はいないと否定。石破氏は「斎藤氏は作り話をする人ではない」と反発した。

 TBSでは、加計学園理事長とのゴルフについて首相が「利害関係ができてから友人になったわけではない」と説明。石破氏が「長年の友人でも職務権限を持っている間は接触はしないものだ」と指摘すると、首相は「許認可を申請しているかどうか私は本当に知らなかった」とし、司会者には「ゴルフに偏見を持っている。五輪の種目でスポーツの一つだ」と反論した。

 LGBTなど性的少数者を「生産性がない」と主張した杉田水脈衆院議員に関し、首相は「私の夫婦も子宝に恵まれず、つらい思いに私も妻もなる。人がどう傷つくか考えて発言すべきだ」としつつ、「まだ若い。注意して仕事して、と先輩として言いたい」と語り、議員辞職は不要とした。

 17日は首相は青森市、石破氏は東京・銀座で個別に演説。8日に銀座で両氏が並んで演説する予定だったが、北海道の地震で延期され石破氏のみの演説となった。【高橋恵子、野間口陽】

カズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス