ブドウの本剪定 | かずんこ農園かずさん日記

かずんこ農園かずさん日記

岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
2007年7月から2013年1月1日までの日記は、ブックマークの かずさん日記FC2 をみてくださいね~。ホームページもあります。


テーマ:
  今朝も寒かったですね~。でも9時頃には太陽がのぞき、ビニールハウスの中はポカポカになりました。

 午前中はいつものようにイチゴの収獲、販売、管理でしたが、午後からはブドウの水やりと剪定をしました。今のブドウの剪定は仮剪定に対して本剪定といいます。

 まだ若い木は基芽か1芽剪定。基芽がはっきり見えれば基芽を使うようにしてます。隣の節が芽飛びしてたら1~2芽で剪定し、1ヶ所から2~3本結果枝を出したりします。写真は5年目の瀬戸ジャイアンツです。
$かずんこ農園かずさん日記

 毎年1~2芽で剪定してるとだんだん芽座(芽が出るとこ)が伸びてきます。写真は40年目くらいのマスカットオブアレキサンドリア。芽座が20cmくらいあります。基芽はたくさん出るけど、基芽には良い房がつきにくいので1~2芽で剪定してます。
$かずんこ農園かずさん日記

 1月31日に播いたアイスプラントがなかなか芽が出なくて、やっと芽らしきものが?雑草かもしれないけど、すでに葉に粒々がついてるような?
$かずんこ農園かずさん日記

 昨日の山陽新聞に載ってた週刊誌の広告表紙にイチゴのことが書かれてました。イチゴの消費量が増えるかな?とよのかは少し前のイチゴの品種です。
$かずんこ農園かずさん日記

kazunkoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス