昨日いろいろと心配してたシャワーだけど(その様子はこちらをクリック)、皆さん楽しんでくださったようで、本当にホッとした。終わってみると、そんな心配することなかったじゃん、って。笑

 

まあそういう心配性な性格なんでしょ。チュー

 

ダイパーケーキの作り方を教えてくれて、いろいろ手伝ってくれた友人が、「遠くから来るゲスト達がみんな楽しんでくれるか心配」と言ってた自分に、「おっさん(オットのことw)に任せとけば大丈夫でしょ。あの人パーティうまいじゃん」と言ってくれて、ちょっと肩の荷が降ろせたかも。

 

自分はパーティとか、よく知らない人たちと話すのが苦手で。

 

そしてパーティのホストは、全体の様子を見ながら(食べ物、飲み物、雰囲気とか)、一人一人とも会話しなきゃで、シャワーとなるとゲーム進行なんかもあって、オタオタしちゃう。

 

でも、それをオットさんは、上手にできるんだよな、、、それを思い出させてくれた友人に感謝だな。

 

朝ピックアップしたケーキも、可愛いデコをしてくれてて。外は青いけど、中身はレッドベルベットケーキ。

 

しっとり甘くて美味しかった。

 

入り口はこんな感じで、、

 

 

 
ピアノをたたんで、ダイパーケーキやフェイバー(ゲストにお持ち帰り頂く、ちょっとしたギフト)なんかをおいて、、、
 
 
 
 
食べ物は、ご飯系をダイニングルームに置いて、、、
 
 
チップスなんかをリビングルームのコーヒーテーブルへ置いて、、、
 
 
ゲームは、「ダーティダイパーゲーム」と、「ベイビー・ビンゴ」と、「ベイビー・シャレード」。まずビンゴから始めて、ダーティダイパー、そしてシャレードに。
 
ベイビーシャワーでゲームをするのは、シャワーに来る人は妊婦さんつながりで、ゲスト同士はあまり面識のない人たちが集まったりするので、みんなでわいわいゲームして楽しもうってことじゃないかと。
 
ダーティダイパーゲームは、ダイパーの中に、アメリカでお馴染みのチョコレート菓子(スニッカーズ、キットカット、リーシズ・ピーナッツバターとか)を溶かして入れておいて、それを当てるというゲーム。5つ全部当てたツワモノがいたえ。ほとんどのゲストが3ー4つは当ててた。さすがアメリカーンびっくり
 
ベイビー・ビンゴとベイビー・シャレードは、普通のビンゴとシャレードだけど、ベイビーがテーマになっているというもの。
 
シャレードは、「赤ちゃんのお尻にできた湿疹にクリームを塗る」とか「赤ちゃんを初めてのヘアカットに連れて行く」とかあって、なかなかハードルが高くても、すぐに当てることができる経験者の親たちはさすが。
 

老若男女、本気でゲームをするアメリカ人、盛り上がりまっせ。

ゲームの後は、ゲストが持ってきた(送ってくださった方も)プレゼントを開けて、、、
 

妊婦Bの夫、ブライアンの母が、彼が小さい頃の来ていた服をとっても良い状態で保管していたようで、「ブライアンが初めてのクリスマスで着た服」とか、「洗礼式で着た服」とかをあげていて、なんだか見ている方もジーンとしたよ。
 
そして、私もギフトをいただきました、、、妊婦さんから。
 
 
親友だけが、おばちゃん(Aunt)に昇進できるの♪」

おばちゃんになるの、楽しみにしてます照れ