KAZUMINの隠れ家
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

無事

過去

今日の現場の目の前で、綺麗な声でカッコーが鳴いていた。







何気に近くでカッコー見たの始めてかもしれんわ。

北海道釣クラブ 第3回大会

北海道釣クラブ第3回大会です。

庶野〜十勝。



この時期、狙いは早い者勝ちの大物アブラコを大漁♪

『行きの荷物より帰りの方が重たかったわぁ』

…言ってみたい。



私の入ったポイントは、昨年無釣会のSさんに連れて行ってもらったポイントです。


目黒漁港でバスを降り旧道をテクテク戻ります。





昨年、アブラコ不在説の流れた状況の中、一本針カツオのみでアブラコが釣れたんです。

ここでゴロコマセを使って攻め込んでみたかったんですわ。





竿を3本出し終えて時計を見ると0時ちょっと前。

暗いうちにカジカの一つでも来てくれれば良いなぁ…と思いながら打ち込んでいきます。





暗いうちに何かしら一つでも来てくれれば良いなぁ…と思いながら打ち続けます。




暗いうちにアタリの一つでもあれば良いなぁ…と思いながら打ち続けます。



暗いうちに無駄に体力消耗してもアレだなぁ…と思いながら居眠り続けます。

















もぉ3時前からうっすら明るくなるんですね。








さぁ、明るくなったらアブラコがドッカンドッカンとねぇ‼︎















ちょうど日の出とともにやっとカジカが釣れてくれました。










その後も相変わらずピクリとも竿先は動かず。








今日はダメか…







全く魚の気配無いんですわ…






干潮に向けてどんどん潮が落ちていきます。



と、右の磯を見ると乗れるんでないかって感じです。



とりあえず空身で確認。



膝上漕いだら上がれる。







って事で移動、二次会開始です。









波は穏やか、海藻わっさわっさ。










この海藻の下に隠れてるんじゃねぇ?!












…ここには不在…







前方の見え隠れしている離れ磯の向こうに遠投しておいた竿先が魚信を告げています。





お!!






のった!!!!







海藻に絡まれながらもなんとか浮いてきたようです。






途中、アブラコの三弾引きを見せるもガッチリ針掛かりしているようで、グイグイ巻き上げていきます。






んおっ!?





竿先から伸びるライン、明らかに離れ磯の上を通過しています。





右に移動して巻いてみるも、やはり離れ磯の上。






幸い磯を洗い流すようにウネリが来たので、ウネリに乗せて一気に巻きます。





サーフィンアブラコですわ(○^艸^)








ガツッ









ぁ……









しっかり磯にロック……








ラインを緩め、アブラコが自力で海に落ちてくれれば…





少しラインが張ったので一気に煽ります。







ガツッ








ぁ…









さらに竿を煽ると磯の上に何やらラインに絡んだコンブがペロンと顔を出しました。





チキショウ、あのコンブが悪さしとるんか…。







ん?









そのコンブ、時々パタ、パタと動きます。















アブラコの尻尾だ…






更に煽ると向こうにいたはずのアブラコが磯の頂上を超えてこちら側にポロンと…












この真ん中辺りにあるムラサキっぽいのがアブラコです。





おそらく45cmは超えてそう…








竿を煽っても全く動かないので、時折くる大きなウネリで外れる事を期待しつつ、しばらく放置。




隣の仕掛けを回収して、ゴロコマセを詰め込んで投げようかと海に目を向けたとき、先程のアブラコに異変が!!!


























カモメが熱い視線を投げかけている…






ぃゃ、ちょっと待ってくれ…





それ、私にとって大事な1匹なんだ…





ぁぃゃ、君の気持ちはよくわかる。

君だって食べたいんだろぉ。

でも、まぁ待て。

話し合おうじゃないか。





そぉだ、あれだ、今からその近くにコマセとゴロの付いた仕掛けを打ち込む。

着水した時にコマセがいっぱい漏れるはずだ。

先ずはそれをついばんでくれ。



もちろん帰る時には残った餌を君に差し上げよう。




まぁ焦るな焦るな。

今仕掛けを投入するからな。








ドボン







お♡






話のわかるカモメで良かった♪








そんな時、更にもう一本の竿先がガツンガツンと。




ホンダワラの下から現れたのはカジカでした。



さっきのよりも大きいカジカだ♪



同じポイントにまたドボン。








さてそろそろあのアブラコ……









!!!!!








話が違うじゃないか!?






待て待て待て待て待て待て!!!!!!!














あぁぁぁ







完全にマウントポジション…







突っついてるし………









緊急強引回収を試みるも、敢え無く  プッツン  …。






仕掛けの外れたアブラコは力なく海に転がり落ちていきました……。















ま、落ち込んでもしゃぁない。

時間はまだある。






改めて打ち返すと直ぐに反応が。






ガツンガツンと竿先が…



竿尻も跳ね上がります。






慌てて竿を握り一気にアワセを入れます。









よっしゃぁぁぁぁ!














切れたし…






















その後、子アブがヒット…





ぁぃゃ、君じゃない…











時計は8時。







あと一時間ちょいはイケる。









更に潮が落ちたので前進します。











先程アブラコバラした辺りは簡単に攻められる様になりました。















打つべし!

打つべし!

打つべし!














チ〜ン
















結局カジカ2のアブ1の3匹で終了です。








バラしたアブラコ2匹釣れてれば…










ま、それでも皆さんあまり釣れなかったようで…


















なんとか3位に食い込みましたわ。





あの2匹があれば……












私の次の釣行予定は6月23日の無釣会  マイカーです。



のんびりと楽しんでこようと思います♪

痛いわぁ…

先日折れてしまった竿。



修理するため釣具屋さんへ持ち込みました。



『確認しますね』










……ぇ
















もぉ部品供給無いんだってさ…

















殉職ですわ…







んでさ、私、同じ竿3本並べたい人なんですょ。
















3本買い替え決定ですわ…









ま、日本海用の竿なんですが、今年はもぉ日本海の大会無いので、来春までに用意すれば良いんです。








今からコツコツ500円玉貯金でもしましょうか…(^◇^;)

全道大会in羽幌

第64回 連盟旗争奪全道支部対抗海釣り大会

ま、いわゆる全道大会ですわ。



今回は羽幌です。




アカハラがメインターゲット。




私の作戦としては、暗いうちにアカハラを揃え、明るくなってからはお持ち帰り用のカレイを狙う。





よって、餌はゴロとイソメのみ!!













で、ポイント選びですが、グーグルアースを熟読…




川の流れが入っていて根もある。






これ、中々いんでないか?!









仲間二人と竿を並べます。









この日は満月。







『満月は釣れる』と、以前満月信者さんが語っていたっけなぁ…





2度目の投げ直し。





その時事件は起こった…













竿の真ん中から  バキッ   ……。










へ???











振り出しの竿が並継ぎになってしまった…






開始早々、二本の竿のうち一本がリタイアです。














隣で良型のカジカが釣れたり、更に奥の方が良型のアブラコ釣れたり…





しまいにゃ隣の方、60cm近い特大のアカハラ釣ったし…。













隣は中々釣ってますょぉ…。


















(゚Д゚)ハァ?  私??

























糠ニシン2匹ゲット♪

















さてさて、再来週、いよいよ太平洋が始まります。




これからはしっかり点数稼いで、秋口には年間総合優勝取れるように頑張ります(๑و•̀Δ•́)و 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>