翔太郎が繋いだ縁 | 雪乃の日常の出来事

雪乃の日常の出来事

子なし主婦の日常です   ありのままの私がここに居ます

弟が亡くなり
翔太郎が虹の橋を渡り
豪雨災害に見舞われ
私の心はボロボロでした

弟亡き後、翔太郎の為にもしっかりしなくてはと気を張り続け
そんな中、翔太郎が亡くなり
仕事にも行けず、泣いてばかりいました
身体の半分が無くなった感覚
何度仕事終わりに、翔ちゃんが待ってるから早くに帰らなくちゃと思い、車に乗った瞬間に居ないんだって何度泣いたか
ペットショップで翔太郎に似た子を見ては夫婦で泣き
仕事場でも、翔太郎の事を心配してくれてた同僚に話を聞かれ、何度も泣いてしまったり
翔太郎が居なくなってからは毎日がこんな感じでした
翔太郎も天国で気が気じゃなかったでしょうね
自分の事でまた泣いてるって
災害後、少し落ち着いた頃見るに見かねた旦那が買い物に連れ出してくれて
1度しか行った事がないペットショップに連れて行ってくれて
思えば、このペットショップに行く事になったのも翔太郎の計らいなのかなぁって今は思ってます

信太郎は、1番目立つ場所に居るのに誰にも相手にされず
行き交う人達を座って大人しく見てる子でした
周りは生後3ヶ月前後の子犬ばかり
信太郎はこの時既に6ヶ月
体はガリガリで手足の長さがアンバランスな体型で、そけいヘルニア持ち
それが災いだったのか誰にも見向きもされない
後ろ姿が余りにも寂しげで私は信太郎の元に
嬉しいのかすぐに寄ってきた信太郎
抱っこさせて貰ったらよじ登ったりと元気
でも、連れて帰れないなぁと思ってましたから、またねって店員さんに信太郎を返して
でも、その後もやっぱり気になって遊ばせて貰ってたんです
上が開くタイプの中に居たので、上から手を入れたら腕を掴んで離さない
そんな様子を見てた旦那が一言

連れて帰ります‼️

この時、夫婦揃って号泣
なぜなら、翔太郎と重なってしまったから
目をキラキラさせて腕を掴んで離さない信太郎と翔太郎が全く一緒で
後で旦那に話したのですが、翔太郎が信太郎に言ったんだよって

僕のお家においで
確実に太れるよ(笑)
でね、パパもママも大事にしてくれるよ
僕が居なくなってから、泣いてばかりなの
だからね、僕の代わりに側に居てあげて
僕、天国でゆっくり出来ないんだよね〜
ママが手を入れたら絶対に離しちゃダメだよ(*^^*)
連れて帰りますって言うまで離しちゃダメだからね〜


って言ったんだよって話したら笑ってましたが、納得もしてました
こうして、翔太郎が繋いだ縁で信太郎は我が家に来る事になりました