皆さん、お久しぶりです。

長期出張であったため釣りにも行けず、釣りの事を忘れてしまいそうになっていたが、愛媛に帰ってきて約半年が経ったが、ようやく釣りに行ける機会が巡ってきた。正直、もう辞めてもいいかなと思っていたが、やはり瀬戸内の海をみると投げたくなる。

と、言うことで、夜のこの時期は、スズキを狙らうため東へ行く。

 

 

久しぶりにいく為、ポイントがどうなっているのかもわからないので、今まで通りに行ってみると雰囲気もそのままで、以前の様に攻める事にした。

初めは、エサ取りが多く悩まされるが、いつもの敷石が浸かるくらいが時合だったのを思い出し、投げ返しを早めていったが、アタリなし。

久しぶりの釣りがまさかのボウズはきついなと思いながら、根気よく粘っていると潮止まり前にドラグが鳴る。合わせて寄せてくると、予想外のキビレである。ここでキビレを釣ったのは初めてで、驚きもあるが、後が続かない。潮が止まって、動き始めてすぐにアタリが出た。

これを少しだけドラグが鳴るのでチヌかなと思いながら、寄せてくるとやはりチヌ。しかも連続のキビレであった。

 

 

エサも残りがなくなってきたので、片付けをしていると強烈なドラグが鳴る。これはスズキかなと思いながら寄せてくると、これもキビレ…。型が見事に40cmとお揃いで、久しぶりの釣りで良型キビレが3枚ならいいかなと思い終了とした。

 

============================

場所:愛媛県四国中央市土居

エサ:ユ虫

釣果:キビレ 3匹

サイズ:~40cm