カジノが必要ない理由 | 中谷一馬オフィシャルブログ「おもしろき こともなき世を おもしろく」Powered by Ameba
2018-05-17 06:50:45

カジノが必要ない理由

テーマ:ブログ

ギャンブル依存症対策法案を提出 

カジノ解禁に向け、自公維で

https://this.kiji.is/369376431668823137?c=113147194022725109

 

==↓引用↓==

 

自民、公明両党と日本維新の会は16日、ギャンブル依存症対策を進める法案を国会に共同提出した。カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案の5月中の審議入りを目指し、早期成立を図る構え。議員立法の原則である全会一致は見込めないものの、一部の野党から賛同を得ており、成立可能と判断した。

 

法案は、官房長官を本部長とする推進本部を設置し、医療提供体制の整備や社会復帰支援などの施策を国・自治体に義務付ける内容。維新の主張を反映し、依存症患者や有識者らでつくる関係者会議を本部の下に置くことも盛り込んだ。

 

依存症対策は、カジノ解禁の前提とされていた。

 

 

==↓中谷一馬の見解↓==

 

カジノを含むIRについて政府は、外国人専用カジノではなく、日本人の入場も認める方向での議論が行われておりますが、私は、カジノといった賭博を経済成長や地方振興に利用することは、好ましくないと考えておりますし、残念ながらこのギャンブル依存症対策法案は全く役に立たないと感じております。

 

現状政府から示されたとされている規制案では、日本人や国内に在住する外国人を対象に、カジノの入場回数の上限を、連続する7日間で3回、連続28日間で10回としているということでありますが、これが規制と呼ぶにはあまりにもお粗末で、2、3日に1度のペースでカジノに通うのは、むしろ多いと考えます。そして1回6000円の入場料も残念ながらあまり効果はないと思います。

 

また韓国の国内人が利用できるカジノのある地域では、治安や風紀がとても悪くなった事案などが報告されております。

韓国で唯一国内人が入場できるカジノがあるカンウォン(江原)では、風俗店やサラ金・質屋などが立ち並び、自殺率、たばこ、酒の摂取率が韓国内一番。身ぐるみ剥がされたギャンブル中毒症患者が野宿し、地域住民と諍いを起こすなど、あまりの風紀や治安の乱れに、小学校が隣の町に移転するほどの町になりはててしまい、15万人いた人口は、3.8万人にまで落ち込んだという大変残念な状況となっているということであります。

 

更に、韓国のカジノ中毒症対策センターの所長が「ギャンブルもいくつかあるが、中毒症になる比率が一番多いのがカジノ。10人に7人という統計もある。」という内容を語ったといことであり、カジノ解禁がギャンブル依存症を増加させることを危惧いたしますし、ギャンブル中毒対策の費用にも莫大なソーシャルコストがかかっている現実があります。

 

そもそも、カジノを含むIRを誘致した諸外国で、カジノがあったことにより、その国へ行きたいという人がどの程度増えたのか、観光客の訪問における動機付けとなったという根拠もありませんから、経済効果に対しても大きな疑問も持っております。

 

私はこうした観点から、カジノといった賭博を経済対策や地方振興に利用することは、好ましくないと考えておりますし、日本人の入場を認めることや横浜への誘致に関しては、真っ向から反対をさせて頂きます。

 

 

中谷一馬(なかたに かずま)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み