茨城県土浦市の8人殺傷事件で、無職金川真大容疑者(24)=三浦芳一さん(72)殺害事件で逮捕=が県警の調べに対して「(三浦さん事件の前に)妹を殺そうとしたがいなかった。出身小学校で誰か殺そうと思い行ったが、卒業式で人が多くてやめた」と供述していることが24日、分かった。

 8人殺傷事件についても「駅で7、8人を殺そうと思った」と話しており、県警は無差別に殺害を狙った通り魔事件とみて供述の裏付けを急ぐとともに、強い殺人願望を抱くようになった経緯を調べている。

 調べや供述によると、金川容疑者は19日朝、土浦市の自宅で、「妹を殺そうと思った」が、妹がいなかったため外出。「誰か殺そう」と思い、自分が卒業した小学校に実際に行ったが、卒業式であきらめたという。

 その後、三浦さん宅付近を通り掛かり、同日午前9時20分ごろ、玄関脇の物置付近にいた三浦さんを「たまたま見掛け、背後から刺した」という。
















↓ご相談はこちらへ↓
【借金返済・過払い金返還無料相談所 ひかりの会】
公式HP:http://hikarinokai.com/mo//
ブログ:http://blog.livedoor.jp/manabekaworijyoou/
メール相談:info@hikarinokai.com
↓電話相談(無料)↓
0120-386-931