こんにちは。今日の日中は少し暖かいですね♪
昨日のサッカーは最高でしたね

さてさて、今日は結婚に必ずまつわる「写真」についてのお話しです。
その昔はフィルムだったので苦労してましたね~。今はほぼ全てデジタル化されて、撮るのも楽、加工も楽、受け渡しも楽になった様ですね。
昔は写真スタジオを覗くと、カメラマンが自分が撮った集合写真の列席者が目をつぶっているんで、筆で目を書いたりしていたのを見かけました。今はもうないだろうな。

ウェディングには色々な種類の写真があります。定番では、スタジオでの記念写真、スタジオでの集合写真、挙式・披露宴のスナップ写真、スタジオでの前撮り、チャペルでの前撮り、ロケーションフォトも前撮り・後撮り、更にはハネムーンフォトもビーチやらダウンタウンやらネイチャーやら・・・。
ウェディングドレスもフォトも選ぶの大変!何をどう選んだらいいんだろうね~。

ということですが、最近はセルフィなるものが出ている様ですね~。
ウェディングでセルフィ~???以外とキレイに撮れるんです。iphone6!カメラの性能も良くなってますね~。という所と、インスタの様な加工アプリ。これを組み合わせると、プロもびっくりなステキなフォトのできあがり~。ウェディングドレスも画像加工でホントにキレイな輝きが!
という方がこの前いらっしゃいました。やはり価値観の変化でしょうね。これはこれでいいんです!

でもも少し・・・という方はやはりプロに頼まなくっちゃね。でも会場さんによっては当日まで担当カメラマンの分からないということもあったりしてね・・・。そりゃ不安ですよね。このあたりは業界がブラッシュアップしないといけない所なのかな。

でもね。カメラマンの腕にあまり左右されずに、自分のお気に入りのフォトが残せる方法がちょっとだけあるんです。そう。それは事前にカットを決めておくってことです。
カメラマンと名が付けば光の扱い方は大体ご存知のはずだから、シーンとカットと構図を指定しちゃうんですよね~。でも多分カメラマンはいやがるでしょうね。そうしたら自分の腕の見せ所がなくなっちゃうんだから。でも大きな間違いは無くなるよ~。でもこれを受けてくれる会場さんやプランナーさんが少ないかもね。
※詳細打合せくらいの段階で、アルバム見本を見せてもらって、(モデルのサンプルじゃぁないもの)、その中のカットで取りたいシーンとカットをチェックして「これぜったい撮って」って言いましょう!(でもその前にプランナーさんを味方にしておこうよ♪)

ふんじゃうぞ
そういうことで大きなトライをしてみました。こんど発表したロケーションフォトは事前にシーンセレクトが指定できるんですよ~♪