かずきのフライフィッシング道楽記 ~永遠のヘタレ釣師っ!!~

今までも、これからも、そしていつまでも釣りが下手な男の奮戦記
岩魚や山女魚をフライフィッシングで釣ったり、ちょっとした日常の出来事をつぶやきます。

渓流のフライフィッシングと何気ない日常ブログです。


テーマ:
なんと、関東平野のほぼど真ん中にある私の自宅近くに岩魚と山女魚が泳いでるんです。

あり得ない!?

それがあり得ます!!

種を明かすとその場所は…

『ミュージアムパーク茨城県立自然博物館』です。

私も年に数回、子供と遊びに行くんですよ。自宅から15分の距離なので公園にお散歩、みたいな気分なんです。



平成6年にオープン。茨城県坂東市に所在していて毎年、約40万人が訪れます。

特にゴールデンウィークや夏休みなどは付近の道路が博物館渋滞を発生するほど。

館内は恐竜の骨格(大迫力!!)や動物の剥製やジオラマ、隕石や化石など展示品が盛りだくさん!!敷地は広大で野外にもたくさんの見所があり、小さなお子様連れに最適。一日遊べます。

因みに茨城県の有料公共施設の中で最も維持費が掛かるといわれています(汗)


そんな館内にミニ水族館があって国内の淡水魚達が泳いでいます。

もちろん、岩魚と山女魚が群れをなして泳いでますよ~。岩魚はニッコウイワナです。尺サイズも居ます。


渓流魚だけでなく、ハヤ、コイ、ナマズ、ライギョ、ブラックバスなど様々な魚が泳いでいます。これからの時期はハヤやヤマベが婚姻色に染まりますから旬ですよ(笑)

大変マニアックですが『コクレン』も数尾居ます!!コクレンはレンギョの仲間ですが利根川水系に大繁殖しているハクレンと違い、極稀に捕獲されるくらい。今まで公に確認されている捕獲例はほんの数件ではないでしょうか。

まぁ、在来魚ではありませんから大声ではいえませんが、日本では幻の魚です。実は密かに気になる魚なんです。



海水魚も少し展示されています。




ミュージアムショップには恐竜のフィギュアがたくさん陳列されていて土日祝日は男の子達が群がっています。


大迫力の恐竜の骨格群。
ティラノサウルスを始め、マンモスやヌエーロサウルスなど見上げるほど大きいです。動く恐竜のジオラマもあって家族の写真スポットとして人気があります。


他にもたくさんの展示品があって楽しめます。
自然博物館へのリピーター率は65%を超えるそうで、それだけ魅力ある内容が充実しているんでしょうね



レストランもメニューが充実。野外で食べる為のテイクアウト品もあるのでピクニック気分が味わえます。


施設に隣接している菅生沼へ歩いて行けます。魚釣りは禁止ですが様々な魚と野鳥、昆虫類が生息。

かつて菅生沼でアリゲーターガーが確認されたとか…



東京や千葉、埼玉からもかなりの来場者さんが。常磐道の谷和原ICから15分程の距離ですから首都圏からのアクセスも悪くないです。

近隣にお住まいの方でまだ足を運んだことがない人は一見の価値ありですよ。

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

かずきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。