pixivインターンの3日間

テーマ:

 

こんにちは、Kです!
今回、3年生の夏休みという事で、pixivに3日間インターンさせて頂きました!

始まりは偶然インターンの広告を見ての参加だったのですが、実際に参加してみると、今年で最も充実感のあるインターンでした!

 

そもそもpixivってどんな会社?
まず、pixivはそもそもどういう会社かと言うと、イラスト、特にアニメ系の所謂二次元イラストの投稿共有メディアであるpixivサービス運営を、主要事業として行っているITベンチャー企業です。

 

そして今回のインターンの課題内容が
「そんな会社だけど、これから一見関連性のないエナジードリンク市場に参入するので、マーケティング、とりわけプロモーション企画を考えてくれ。3日間で!」
といったものでした。

 

インターンの中身

今回の参加者は合計で8人。このうち、3人3人2人と3グループに分かれ、それらのグループ + 16卒でpixivに入社した新卒チーム2人の、合計4チームで企画案を競うといったものでした。
インターン期間中は割と自由裁量に任せて頂けた印象があり、その分難しく楽しかった、というのが一番の感想です。


メンターさんも各チームに付いて頂けましたが、私たちのグループでは会社が持っている必要なデータの提供や、課題の認識の確認などのアドバイス、現在の進み具合からさらにどう進めるべきかなどの相談に乗って頂きました。
他のグループも大枠としてはそういったメンターさんの活用の仕方で、どのグループもフルコミットで脳に汗をかきながら考え続けていた印象があります。

 

このインターン中にとにかく感じたのは、"思考体力が求められる"ということでした。イチから自分たちで考え、最終的なアプトプットで勝負するため、常に体力を持続させて考え続けることが求められる。これはきっとどこの企業で働いても同じように求められるものなのだろうと感じました。

 

 

3日間の成果

そして、3日間頑張った末の結果から言うと、、、

 


残念ながら優勝を逃しました。(; ;)


原因として、3日間で市場や企業の動向を調べ、戦略を練り、そこからさらに戦術(施策)レベルに落とし込むなど様々なプロセスがあったのですが、このうち戦術レベルに落とし込む作業に多く時間を割いてしまい、最終的なアプトプットであるプレゼンにまで気が回らなかったというのが、私たちのグループで共通して認識した一番の反省点だったと思います。

 

とはいえ、3日間でフルコミットで頑張ったからこそ、こういったタイムスケジューリングの大切さなど、自分、あるいは自分たちの弱点がより浮き彫りになった訳で、この上なく充実した3日間でした。

 

またpixiv社員さんたちの働く姿や実際の雰囲気にも触れ、どういった社員の方がどういった想いでpixivを動かしているのか、3日間のうちに少しでも感じ取れたかな、という実感もあります。
個人的にも、このインターンをキッカケにpixivに非常に興味を持つようになりました。

 

 

今後もインターンを企画されるようなので、「自分の今の自信を持っている実力を試してみたい」「思考体力には自信がある」といった方に、ぜひ参加をオススメいたします!!

AD