ビートルズyoutube集 | 西陣に住んでます
2009-09-12

ビートルズyoutube集

テーマ:音楽



2009年9月9日、ビートルズのスタジオ録音アルバムの
デジタルリマスター盤が発売されました。→[公式サイト]

(01)プリーズ・プリーズ・ミー
(02)ウィズ・ザ・ビートルズ
(03)ハード・デイズ・ナイト
(04)ビートルズ・フォー・セール
(05)ヘルプ!
(06)ラバー・ソウル
(07)リボルバー
(08)サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
(09)マジカル・ミステリー・ツアー
(10)ザ・ビートルズ
(11)イエロー・サブマリン
(12)アビイ・ロード
(13)レット・イット・ビー
(14)パスト・マスターズ


これらのうち、(01)-(13)は、
ビートルズ解散までにリリースされたスタジオ録音のオリジナルアルバムで
(14)には、(01)-(13)のアルバムには収録されていないシングルなどの曲が
収録されています。

ザ・ビートルズ・ボックス

¥29,313
Amazon.co.jp

ところで、もちろん私はビートルズ世代ではなく、
ずうとるびならかすかに覚えている世代(汗)です。

最初にビートルズに興味を持ったのは、他でもない
ポール・マッカートニーの影響です。
ただ単にポールのルーツを知りたいというキッカケで、
ビートルズの赤盤青盤と呼ばれている
有名なコンピレーションアルバムを聴きました。

1962-1966


1967-1970


そして、それが高じて
今ではオリジナルアルバムを全部持つようになりました(笑)。

今回のリマスター盤も欲しいなぁ~とは思うのですが、
そう簡単に欲求だけで買っちゃうわけにもまいりません(笑)。
ただ、どのくらい改良されているのかは、チェックしてみたいところです。

さて、

世間がビートルズで盛り上がっている中、
この記事では、リマスターCD発売を記念して
200曲をゆうに超えるビートルズの曲から
心を鬼にして50曲を選び(笑)、youtube集を作りました。

選定にあたっては、基本的には私の好みというよりは
なるべくベタなものを含むよう私なりに意図して選びました。
(私の好みはをつけてま~す)

なお、ビートルズファンの皆様で
「なぜあの曲が入っていない」と思われる方もいらっしゃると思いますが、
その場合は、ごめんなさい(笑)。

一方、ビートルズのことをまったく知らない若い皆様!
このセレクションを聴かれれば、
もうビートルズを見きったも同然と思います(笑)。
楽しんでくださ~い!


音譜アイドル系 TOP 10音譜



[Love Me Do]
[Please Please Me]
[From Me to You]
[She Loves You]★★
[All My Loving]★★
[I Want to Hold Your Hand]
[I Should Have Known Better]
[Eight Days A Week]
[Ticket to Ride]
[Help!]
(以上、リリース順)

ビートルズといえば、最初はアイドル系の色恋沙汰の曲ですよね(笑)。
このうち、I Want to Hold Your Hand 「抱きしめたい」は
USAでスーパーヒットし、ビートルズ人気を不動にしたものです。
どの曲を見ても、メロディーラインがわかりやすく、口ずさめる曲ばかりです。
私は、She Loves YouとAll My Lovingがたまりません。


音譜ロック系 TOP 10音譜



[Can't Buy Me Love]
[Day Tripper]★★
[Drive My Car]★★
[Paperback Writer]
[Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band]★★★
[Lucy In The Sky With Diamonds]
[Lady Madonna]★★
[Back in the U.S.S.R.]★★
[Get Back]★★
[Come Together]
(以上、リリース順)

ロック系は名曲ぞろいです。
どちらかといえば、初期の作品は横ノリで、後期の作品は縦ノリです。
他にもDon't Let Me DownとかOh! Darlingとか
TaxmanとかI Am the Walrusとかありますが、
泣き泣きお蔵入りです(笑)。


音譜ポップス/サイケ/ソフトロック/ジャズ系 TOP 10音譜



[A Hard Day's Night]
[We Can Work It Out]★★
[Penny Lane]★★★
[Strawberry Fields Forever]★★★
[A Day In The Life]★★★
[All You Need Is Love]★★★
[Magical Mystery Tour]
[Something]★★
[Across The Universe]
[The Long And Winding Road]★★
(以上、リリース順)

Penny LaneやAll You Need Is Loveの4ビート、
Strawberry Fields ForeverやA Day In The Lifeのサイケ、
SomethingやThe Long And Winding Roadのコンテンポラリーなど
変化に富んだ曲を楽しむことができます。
また、同じ曲の中で曲相ががらっと変わってしまうことがよくあります。
これはジョンとポールが別々に書いてそれをくっつけたりするのに
起因しているのでしょう。


音譜フォーク系 TOP 10音譜



[You've Got To Hide Your Love Away]
[Yesterday]
[Norwegian Wood]
[Nowhere Man]
[Michelle]
[Here, There And Everywhere]
[Hello Goodbye]
[Hey Jude]★★★
[Here Comes The Sun]
[Let It Be]★★
(以上、リリース順)

ビートルズといえば、ビートルズ詩集が売れまくったことからも
フォーク系のファンも多いかと思います。
ビートルズは、もともとはスキッフルというフォークの一分野
を目指したバンドでした。
私の知り合いのイギリス人も
ビートルズはフォークソングのバンドという認識をもってます。
そして私は、もうHey Judeがたまりませ~ん!
youtube動画でいえば、
2:16-2:19と3:10-3:14の4:13-4:16のポールのフレーズは
一生耳から離れないと思います(笑)。
上の作品以外にも、And I Love HerとかGirlとかIn My Lifeとか
Fool On The Hillとか、他にもフォークの秀作がいっぱいです。


音譜カヴァー系 TOP 6音譜



[Boys]
[Twist And Shout]
[Please Mister Postman]
[Money (That's What I Want)]
[Rock And Roll Music]
[Mr. Moonlight]★★
(以上、リリース順)

無名時代のビートルズは、多くのステージをこなす必要があったため、
ロックンロールの名曲をよくカヴァーしていました。
これらの曲も知らない間に耳について離れなくなっていました(笑)。
私はMr. Moonlightが大好きです。


音譜特別選考 4音譜



[Eleanor Rigby]
[Yellow Submarine]
[Ob-La-Di, Ob-La-Da]
[I Saw Her Standing There]

どうしても抜けちゃうものがありました。
クラシックのEleanor Rigby、
音楽の教科書にも載っているOb-La-Di, Ob-La-Da、
それとリンゴのYellow Submarineも絶対外せないですね。
もちろんこちらとペアーで(笑)→[イエローサブマリン音頭]
それと今回のCD発売に敬意を払って、
最初のアルバムPlease Please Meの一番最初に収録されている
I Saw Her Standing Thereを最後にエントリーしたいと思います。

以上で50曲! 無謀なトライアルでした(笑)。
なお、メドレーで聴くには先日紹介したStars on 45の
ショッキング・ビートルズがおススメで~す。

[The Beatles 1]
[The Beatles 2]
[12 Inch Version]


・・・というわけで以上がyoutube集でした。


ここから先は、
ちょっとだけビートルズのサウンドの変貌を
作品データを基に見ていきたいと思います。

なお、作品データ中のbyの列は曲の作曲者を表します。
ビートルズのオリジナル曲の公式のクレジットは
圧倒的に"Lennon & MacCartony"が多いのですが、
実際にはどちらかがメインとなって作った作品がほとんどです。
そこで、私の独自の知識でメインの作者を判定し、
次のように区分しました。

LM: ジョンとポールの共作
L: ジョン・レノンがメインの作品
M: ポール・マッカートニーがメインの作品
H: ジョージ・ハリスンの作品
S: リンゴ・スターの作品
B: ビートルズメンバーの共作
C: 他の作者のカヴァー作品


1Please Please Me - With The Beatles

西陣に住んでます-The Beatles: songs

ビートルズはこの2枚のアルバムによってUKでブレイクしましたが、
曲の構成を見ると、その後の時期と比較して
ジョンとポールの共作(アイドル系)と
カヴァー曲(ロックンロール系)が多いことがわかります。
とりあえず売れるまで、手探りをしていたのでしょう。


2A Hard Day's Night - Help!

西陣に住んでます-The Beatles: songs

シングルのI Want to Hold Your Hand 「抱きしめたい」が
USAでスーパーヒットし、世界のアイドルになったビートルズは、
カヴァー曲を減らし、ジョンの曲がほぼ半分を占めるようになります。
年長のジョンがリーダーシップを発揮した結果なのでしょう。
このころから良質のフォークソングが出てきましたが、
ロック曲は、Can't Buy Me Loveを除き、すべてカヴァー曲でした。


3Rubber Soul - Revolver

西陣に住んでます-The Beatles: songs

この時期になると、アイドル系の曲とカヴァー曲はなくなり、
フォークソングをベースに
ポップスやロックをときどき演奏するバンドって感じになります。
ポールがらみのロックの曲が人気の中心です。
ジョージがちらほら曲を作るようになり、ジョンの曲が減ってきます。


4Sgt. Pepper's LH Club Band - Magical Mystery Tour

西陣に住んでます-The Beatles: songs

このころのビートルズは
エンタなサイケデリックロックのグループへと変貌を遂げます。
コスチュームもいってしまってます(笑)。
ジョンとポールの共作が一時的に増えますが、
ジョンの曲は減り、ポールの曲が中心となります。
このころ、ジョンはオノ・ヨーコと出逢います。
ちなみに私は、Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandが
ビートルズのアルバムの中で一番好きです。


5The Beatles - Yellow Submarine

西陣に住んでます-The Beatles: songs

このころになると、
ヒゲぼうぼうになってコスチュームが普通になりました(笑)。
曲想はバラエティーに富むようになります。
ジョンとポールの共作が減り、
ジョンとポールが別々に曲を作るようになりました。
ジョージの曲も増え、グループのパワーバランスは
2強1弱1問題外(笑)って感じになります。


6Abbey Road - Let It Be

西陣に住んでます-The Beatles: songs

アビーロードはなんともソフィスティケートされたアルバムで
初期のナイーブなビートルズと比較すると年月を感じてしまいます。
この後、さらにテンデンバラバラとなったビートルズは解散します。


以上の経緯をグラフで見ると↓こんな感じです。

西陣に住んでます-The Beatles
(↑クリック拡大)

データは真実を語りますね~。

というわけで、ビートルズの特集はここまでです。


今週の土曜ワイドの犯人予測は、
[先週記事]にフライングして書いてあります(笑)。

今週の歴史記事は明日アップする予定で~す。

kazuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス