平安京の4つの岩倉と磐座 | 西陣に住んでます

平安京の4つの岩倉と磐座

西陣に住んでます-磐座

(どの写真もクリックすると拡大します)



平安京には、生前の復讐をもくろむ怨霊)の侵入を防ぐために
陰陽道(おんみょうどう)をベースとした霊的な防御システム

はりめぐらされています。


今でいえば、怨霊の存在は非物理的現象ですが、
平安遷都当時は、マジな現象としてとらえられていました。
この怨霊に対するセキュリティーサービスをになった人たちが、
いわゆる陰陽師(おんみょうじ)であり、
当時の最先端の科学であった風水を駆使して
平安京に多重バリアシステムを形成しました。


有名なサブシステムとして一般に伝えられているものには、
次のものが挙げられます。


右矢印四神相応(東の青龍、西の白虎、南の朱雀、北の玄武
右矢印山城北山東山、西
右矢印四つの大将軍神社(東西南北)
右矢印四つの岩倉(東西南北)
右矢印鬼門封じ(東北、南西)
右矢印羅生門東寺西寺


本当にそうなのかは別にして(笑)

これから何回かにわたって不定期に、これらのサブシステムについて紹介し、
ちょっとだけ考察を加えてみたいと思います。
まずは、この記事では四つの岩倉に着目したいと思います。




平安遷都のとき、桓武天皇は、
京都の東西南北にある4つの岩倉(いわくら)

仏教の経典集一切経)を埋めて
霊的なバリア(結界)を張ることで平安京を守った(王城鎮護
という伝承があります。


この4つの岩倉として一般的に伝えられているのが以下の4箇所です。


右矢印 山住神社岩倉
右矢印 観勝寺東岩倉山
右矢印西 金蔵寺西岩倉山
右矢印 明王院不動寺松原麩屋町


ただし、これらについてはきちんと確認されているわけではなく、
異説もいくつか存在します。


ここで、「岩倉」というものは何かということですが、
どうやらきちんと定義されているわけではなさそうです。


また、この「岩倉」と同じものと考えられがちなものに
「磐座(いわくら)」というものがあります。

磐座とは、神様が天から降りてきて座る岩または山を意味するものです。
古代人の素直な自然崇拝の一つの形といわれています。


そんなことを踏まえた上で、
まずは4つの岩倉についてそれぞれについて紹介しま~す。



1山住神社


京都の洛北の地、岩倉という地名の場所にあります。
この神社には現在社殿がなく、奥にが露出した自然斜面があるだけです。
この岩は神(石座明神)が降り立つ岩として信仰されてきたようです。
つまり、典型的な「磐座」なわけです。


西陣に住んでます-山住神社


西陣に住んでます-山住神社


西陣に住んでます-山住神社

かなりややこしいのですが、
この岩倉という地名の場所にある磐座の前には、
もともと石座(いわくら)神社という名の神社がありました。
ところが、この石座神社は明治時代になると、
971年に創建された大雲寺(天台宗)という岩倉を代表する寺の横に移り、
ここは、その石座神社の御旅所(出張所)である山住神社となりました。


こちらが大雲寺の横にある石座神社です。

西陣に住んでます-山住神社


さて、江戸時代の京都のガイドブックに都名所図会というのがあります。
その都名所図会の[大雲寺のページ] を見ると、
「北岩蔵大雲寺」とあります(図絵を見ると「北岩倉大雲寺」とあります)。
また、翻刻文を読んでみると、こんなことが書かかれています。


又此所を岩蔵となづくる事は
詔あつて王城の四方に石蔵をいとなみ経王を納めらる、
其辺りに石座明神まします、是れ石蔵のゆゑんなり。


訳すと次のような感じでしょうか。


ここを岩蔵と呼ぶのは
天皇の命令があって平安京の四方に石蔵を作って経典を納めましたが、
その周辺に石座明神がいらっしゃいました。これが石蔵の由来です。


先にも述べたように石座明神が降臨するのは山住神社です。
この論理から言うと、経典を生めた場所は、
「石(岩)」座明神」という磐座の周辺にある石でできた「蔵(倉)」なので、
「石蔵(岩倉)」ということになります。
私はこれが「岩倉」の語源ではないかと思います。


以上、「岩倉」「磐座」「石蔵」「石座」とか入り乱れて
頭の中がひん曲がっちゃうような文章で恐縮ですが(笑)、
結論を言えば、「岩倉」は岩でできた倉で、
神が座る「磐座」とは違うものであるということです。


ここで、桓武天皇は、「山住神社」に経典を埋めたのか、
「山住神社の近く」に経典を埋めたのかということですが、
私は「山住神社の近く」が正しいと思います。
神社に仏教の経典を埋めることはおかしいですからね。


なお、「都名所図会」はガイドブックなので
歴史家には信用できないって言われているんですけど、
私はむしろ、偏向した政治色がなく素直な伝聞が書かれているので
結構いいんじゃないかと思ってます。
根拠は何かといえば、京都地検の鶴丸さんと同じで主婦の勘です(笑)。



2観勝寺


この観勝寺という寺は、どこにあったか正確な位置はわかっていません。
応仁の乱で焼けちゃったようです。
ただ、、わかっていることも少しあります。
観勝寺は東岩倉山の山の上にあって、
その東岩倉山は今の大日山と同じ山、またはだいたい同じ山ということです。


この大日山には、平安遷都の前から、
東山で最も古くて大きい神社である日向大神宮があります。
この神社は、京都でも珍しく天皇家の先祖である天照大神
天からこの世界に降りてきた(天孫降臨ニニギを祀っています。


西陣に住んでます-日向大神宮


こちらが二二ギが鎮座する外宮です。


西陣に住んでます-日向大神宮


ちなみにニニギの奥さんは山の神様の大山咋神の娘です。


そしてこちらは、天照大神が鎮座する内宮です。


西陣に住んでます-日向大神宮


神が降臨して座る石である影向石(ようごういし)↓や


西陣に住んでます-日向大神宮


天の岩戸↓があることから


西陣に住んでます-日向大神宮


この日向大神宮は、磐座から発展したものと考えられます。


ここで、肝心の観勝寺はどこにあったか考えてみると、
この大日山は山がちでほとんど平らなスペースがなく、
山の上である程度の敷地が確保できるところとなると、
日向大神宮のすぐ横にある京都市営霊園のところしかありません。


なお、拾遺都名所図会では、東岩倉として紹介されています。→[図会]
この絵を見ると東岩倉はまさにこの市営霊園の位置にあります。
また、花洛名勝図会では、東岩倉山として紹介されていて
南岩倉についての記述もあります。→[原文]

残念ながら私には何が書かれているかよくわかりませんが(汗)、
いずれにしてもこのあたりの岩盤を掘り込んで岩倉としたのでしょう。



3金蔵寺


ここはおそらく京都で最もアクセスが不便な寺の一つでしょう(笑)。
1時間に1本程度しかない最寄のバス停から

山道を1時間くらい登っていきます。


登り道には竹林がいっぱいで、いくつかの場所で岩盤が露出していました。


西陣に住んでます-金蔵寺


しかも最後の方は道が悪いのなんのって感じで(笑)
ホントにこんなところに寺があるの?って疑問を持ちました。

西陣に住んでます-金蔵寺


そんな中、いきなり「失われた地平線」シャングリアみたいな
素晴らしい寺が見えたときには、はっきりいってホッとしました(笑)。


西陣に住んでます-金蔵寺


とってもキレイな自然に囲まれた寺です。


西陣に住んでます-金蔵寺


西陣に住んでます-金蔵寺


こちらが本堂です。


西陣に住んでます-金蔵寺

都名所図会では、西岩倉金蔵寺として紹介されています[→図会]

また、翻刻文を読んでみると、こんなことが書かかれています。


桓武帝の御宇平安城遷都の時、王城の四方へ経王を収られ、
此所も其一所にして岩倉と号す。石蔵此山上にあり

西陣に住んでます-金蔵寺


どこに経典が埋まっているかはわかりませんが、

とにかくこちらはハイキングにもってこいの素晴らしい寺です(笑)。



4明王院不動寺


街中の松原麩屋町にあります。


西陣に住んでます-明王院不動寺


花洛名勝図会の東岩倉山のページで紹介されているのですが、
残念ながらなんて書いてあるかわかりません。
今度ゆっくりと解読したいと思います。

こちらが本堂です。南岩倉の文字が見えます。


西陣に住んでます-明王院不動寺


なお、このあたりの地質は完ペキに
新生代第四紀未固結堆積物が厚く分布しています。
仮に岩盤まで地下を掘削したとしても

当然そこは地下水で飽和されているわけで
そんなところに経典を埋めたら二度と読めなくなってしまうわけです。


こういったところに岩倉を作るとしたら、
巨礫を大量にどっかから運んできて、
そこに岩組みをして蔵のようにするしかないわけです。


そのような人工岩倉があったかどうかはわかりませんが、
境内にはそんな岩倉を思わせる岩組みがありました。
火成岩・堆積岩・変成岩など各種岩石が混在しています。
過去にはこんな岩倉があったのかもしれません。


西陣に住んでます-明王院不動寺



さて、ここまではよく伝えられている4つの岩倉について
簡単に紹介してきましたが、ここで疑問にぶち当たります。


まず、陰陽道の四神相応というものは、
東西南北の方向に守護神である聖獣をそれぞれ呼び寄せて
結界を張るわけです。

この結界の中に守りたいものを入れるか、
あるいは敵を閉じ込めるかするわけですが、
そのように考えた場合、ちょっとした不合理が生じます。


4つの岩倉を結んだ場合、平安京の東南が相当はみ出ちゃうんです(笑)。


西陣に住んでます-平安京の結界


西北のほんの一部がはみ出てしまうのは、
測量精度の関係で仕方がないものとして
この東南部分のはみ出しは許容できないくらいの大きさです。

そして、西岩倉の金蔵寺は南岩倉の明王院不動寺よりも
南に位置しているため、結界の形もイビツで中央を守れそうもありません。


さて、南の磐座が明王院不動寺ではなく、男山という説があります。
でもこの説でも不合理が生じます。

西陣に住んでます-平安京の結界

結界の形は美しくなりますが、その反面、結界が大きくなりすぎです。
特に不合理なのは、この結界の内部に長岡京が含まれることです。
基本に戻って見ると、長岡京に怨霊が入り込んだので、
わざわざ平安京に遷都したわけで

これでは結界を作る意味がないことになります。


そんなことをあれこれ考えているうちに一つのことが浮かびました。
それは、この時期に平安京の南に位置する最も大きい神社であった
城南宮を南岩倉と仮定することです。


西陣に住んでます-平安京の結界


実は、これって次の点でかなり合理的なんです。


(1)城南宮は金蔵寺よりも南に位置する。
(2)結界は長岡京を計ったかのようにギリギリ含まない。
(3)南北の岩倉と東北の岩倉を結んだ交点付近に

 明らかに南岩倉としては不適当な明王院不動寺が位置する。


そして、当然この場合、明王院不動寺は南岩倉ではなく、
東西南北の中心に降臨する聖獣の黄龍の位置ということになり、

岩倉伝説が残っていることも合点が行きます。

なお、このことについては、これからももっとよく調べてみたいと思います。




さて、これまでは4つの岩倉についてあれこれ考えてきましたけど、
陰陽道の四神相応を適用する場合、
4つの岩倉よりも4つの磐座に四神が降臨するという
考え方のほうがしっくりきます。
なぜなら磐座とは神が降臨して座るところだからです。


そこで、4つの磐座についてちょっと考えてみることにしました。


結論を先に言えば、
私は、桓武天皇、または桓武天皇の陰陽師は、
平安京の多重バリアシステムの一つとして
次のような4つの磐座による結界も考えていたのではないかと思います。


右矢印 上賀茂神社
右矢印 日向大神宮
右矢印西 松尾大社
右矢印 城南宮


西陣に住んでます-平安京の結界


この4つを選定した根拠は、次の通りです。


(1) 幾何学的でコンパクトな結界
平安京を含む東西南北を起点とする結界を最もコンパクトに形成できる。
4つの神社はいずれも平安京を囲む長方形のほぼ2等分線上に位置します。


(2) 神社のキャッチフレーズ
日向大神宮を除く3つの神社には決まって
「王城鎮護の社」というキャッチフレーズが付けられます。


(3) 神社の格式
この4つの神社は、それぞれ京都の東西南北で
当時もっとも古くて大きな神社でした。


(4) 磐座との関連性
上賀茂神社と松尾大社はいずれも磐座への信仰から発展した神社で、
いわゆる「山の神様」である大山咋神を祀っています。
また、それぞれ、京都の2大勢力である賀茂氏と氏の氏神でもあります。
城南宮は平地なので磐座があるとは思えませんが、大山咋神を祀っています。
なお、城南宮は鴨川桂川の合流点近くに位置しますが、
こういう場所では川の流域に小島が形成されている可能性があります。
下鴨神社の磐座がそうなんですけど、こういう磐座も存在します。
そして、日向大神宮については先述のように疑いようもない磐座ですね。


なお、この結界の近くにある

平安遷都前に存在した磐座や大山咋神に関係する神社をプロットして

結界に含めるとこんなふうになります。


西陣に住んでます-平安京の結界


こんなふうにきめ細かく結界を作っていたのかもしれません。


また、京都全域に広げてみてみるとこんな↓です。


西陣に住んでます-平安京の岩倉・磐座


これらの磐座についての考察は、また別記事で行いま~す。


結構、奥深いものがありそうです。