Glenmorangie aged18years
43.0%


色は薄い黄金色。
香りはオレンジマーマレード、ドライパイナップルや桃の缶詰、プラム、ホットケーキの粉、キャラメリゼしたアーモンド。鼻を近づけるとドライな植物感。
柔らかな酸味を伴った飲み口。ドライオレンジやドライパイナップル、白桃、仄かにメープルシロップをかけたスコーン、ドライな植物感。
余韻はドライオレンジがあり仄かにナッティ。



グレンモーレンジの18年、一部ではミックスジュースという感想を聞いたことがあるのですが、どうでしょうか。

まず香りを嗅いでみます。特別強くも弱くもない、程よくて上品な香り立ちで、ハチミツでコーティングしたように甘やか。さらに桃をはじめとしたフルーティな華やかさがあって、香りだけでなかなかうっとりします。

飲んでみると、ややドライで華やか。桃をはじめとした多彩なフルーティフレーバーがあり、じっくり味わうとメープルシロップを掛けたスコーンのような素晴らしいフレーバーが感じ取れます。ウッドスパイスはほんのアクセント程度。

構成は知らないですが、バーボン樽原酒をメインに少量のシェリー樽原酒をヴァッティングしたような印象を受けました。フィニッシュのような上塗り感はないですね。

ハイボールにすると10年にはないふくよかな麦芽感が広がり、華やかさと爽やかさを併せ持つエレガントなフルーティ感がある。ちょっと贅沢ですがけっこう旨い部類です。
ロックはバランスが崩れるだけなので、飲むならストレートで。


総評すると、コストパフォーマンス抜群の逸品。熟成感よりは華やかさ、フルーティさに振れていて、重厚さがない分非常に飲みやすいです。ハイボールにしても旨いので、あっという間になくなるタイプですね。


ウイスキーランキングへ