Balvenie DoubleWood aged12years
40%


色は黄金色。
トップノートは焦がしカラメルとメープルシロップのマリアージュ。華やかなレーズンバターの香りが広がり、ほんのりシリアル、スッとしたメントール。ベタつき感はない。
口に含むと香ばしいシリアルの噛みごたえ。リンゴのコンポート、焦がしカラメルにレーズンの皮、ミントジュレップ。奥からは微かにピートスモーク。
余韻には軽やかな牧草や穀物のアロマが広がり、実にスペイサイドらしい。



グレンフィディックの姉妹蒸留所。お気に入りだったのですが、残念ながら休売になったそうで急いで再購入しました。買ったものは25th周年記念と書かれていましたが、中身は変わらないようです。

シェリー樽の影響は程よく、ベタつきやクドさを感じずスペイサイドモルトならではの爽やかさを全く邪魔しない。それでいて、フルーティかつ上品で華やかなレーズンなどの香味をしっかりと感じるという、素晴らしいバランス。
実際に飲むと牧草やミントのアロマもけっこう強いため華やかさばかりが目立つというわけではないですが、スペイサイドのなかでは異質の味わいです。

ロックはリンゴの甘みがくっきりとしてかなり旨いので一番オススメの飲み方です。
ハイボールにするとレーズンバターやレーズンの皮の渋み、チェリー、ウッディネスなスパイスが広がる。甘さよりも華やかさが目立つ印象ですが、これもなかなか旨い。



ウイスキーランキングへ