オススメ度
★★★★☆(オススメ)

■一言
アイラの王、そして正露丸

■テイスティング
淡いハチミツ色。
嗅ぐと強烈な磯の香り、塩気に始まり焦げたような樽感、そのあとフレンチオークによるバニラ系の甘味がふわり。
口にすると、まずレモンの酸味や塩気などの刺激を感じたあと、煙が押し寄せてくる。まるで古いオーブンでパンを焦がしたようなスモーキーさが充満する。余韻はまるでオーブンから脱出したようで、まだ煙たさが残っている。

■コメント
アイラ島で造られるウイスキー(アイラモルトと呼ばれる)は強いスモークフレーバーで有名なのですが、その中でもトップクラスに強烈なのがこのラフロイグ。

アイラの王、とも呼ばれるほどでその香りはよく正露丸に形容されます。

色を見ると、けっこう薄い。この薄さからパワフルな味わいが生み出されるとは、ウイスキーの不思議な一面を感じさせる。

香りは煙い。とにかく煙たいが慣れてくるとバニラのようなふんわりしたフレーバーが感じられるようになってくるからなお不思議。

味わいは柑橘系の収歛味(レモンやライムを想起させる)を感じたあとに、煙たさがどっと押し寄せてくる。それは余韻まで強烈に爪痕を残し、服について取れないタバコの煙のように口の中に残り続ける。愛好家は、この強烈な個性を特別に好みます(自分もその1人です)

初心者には不向き、とよく言われるが、僕は敢えて飲んでみる事をオススメします。ラフロイグがスキかキライか、どちらかで今後のウイスキーを選ぶ基準にもなるでしょう。

並行品と正規品、どちらもほぼ変わらない。
好きならアードベッグやラガヴーリン
嫌いならグレンフィディックやモーレンジが良い
ちなみにラフロイグは10年以外に、
こんな物もある。

クォーターカスクは飲み心地が荒いが
ハイボールにすると旨い。
セレクトはロックにすると絶妙。