スクラップブッキング ボランティアワークショップ | GoGo!スクラップブッキングlife [岡山]

GoGo!スクラップブッキングlife [岡山]

岡山市在住。3児の母。
大好きなスクラップブッキングや それにまつまわる出来事を綴ってます!
・国際スクラップブッキング協会 1級エグゼクティブ.インストラクター
・(株)サクラクレパス メモラビリアート公認インストラクター
・FUJIFILMハッピーフォトアンバサダー


テーマ:
先月の西日本豪雨災害、岡山県内でも甚大な被害がありました。
いまでも沢山の方々が被災した自宅や、避難所で大変な日々を送られています。

私にも出来ることはないだろうか…

そんな時、「スクラップブッキングで被災した子ども達を元気づけよう‼︎」と仲間から声がかかり、岡山・倉敷で活動中のkiyocaさんの働きかけで真備地区の小学校でスクラップブッキングのボランティアワークショップが出来ることになり、私は当日スタッフとして参加させてもらいました。

富士フイルムさん、フォトパートナー岡山さん、メモリープレイスさん、おだむぅ〜サロンさんからのご協力と、岡山でスクラップブッキングをしている仲間の事前準備のおかげで200人分のキット用意が出来ていました。

午前の部は 岡田小学校でした。
片付け作業をされている町を通り、こんな所まで水がきたんだ…と言葉を失いました。

避難所となっている小学校には復興を祈る力強い書込みの数々がありました。

ワークショップは学習ルームで低学年〜高学年まで たくさんの子ども達が参加してくれました。

工作として楽しんでもらえれば いいな(^^)と、準備したのは仕掛けポップアップカード。
引っぱると浮き上がる仕組みは子ども達に人気です。


皆んなでワイワイと組み立てていき、チェキを使ってその場で撮影した写真を貼り、思い思いに飾っていきます。

子ども達の発想はとても楽しくて、作品を見てるだけで元気にしてもらえます!
ジャーナルカードに今日の思い出やメッセージも書いてみてね。と言ったら皆んな色々書いてくました( ^ω^ )


「すごい楽しかったよ!」
「また作ってみたい!」
何より子ども達が楽しんでくれて良かった。

まだまだ復興までには時間がかかります。
これからも私が出来ることを考え協力していこう!と強く思いました。

スクラップブッキングのボランティアワークショップ、この日の午後は二万小学校地区でもさせていただきました。
被災地区からの要望にこれからも協力させてもらいたいと岡山スクラップブッキング仲間一同で思っています。
そして被災地の一日も早い復興を祈ります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中野和美(kazu)
国際スクラップブッキング協会認定
ISA1級エグゼクティブ・インストラクター
mail: kazumin0312@gmail.com

ISA2級取得講座・出張講習など お気軽にお問い合わせください!

kazuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス