こんにちは。

 

「心と体を繋げる~自律神経整体サロン AMI」の川口です。

 


軽い上着で、心地よい風を浴びながら街中を歩く日々がまだかまだかと思う3月がスタート。


色鮮やかな街並みが待ち遠しいですが、

サロン内にもシーズンの花を置いております。買いに行くのもちょっとした楽しみです🌸🌸

 

 


 

いずれ、観葉植物とか多肉植物を置いて、新緑感溢れる空間にしたいですが、先の話。


でも、生花があるとないとでは穏やかな気持ちになれます。

 


思い返せば、風景であったり、絵、作品、芸術などを見たときの感動がなかった時代。

理論的にとか、損得とか、ナニカを「感じる」ことが分からず「考える」脳で頭デッカチ。

 

動物でもある人間にとって理屈抜きで本能である感じる心

 




まず、ベレー帽被ってナニカ感じようかな。

 

 




 

さて、皆様、本日の話題は、、、

 

雑誌やTVなどでよく目にするフレーズ。

 

 

「ポジティブとネガティブ」


ポジティブ・・・積極的で肯定的。楽観的で物事を良い方向に捉える傾向。

ネガティブ・・・消極的で否定的。悲観的で物事を悪い方向に捉える傾向。

 

 


一般的にネガティブと聞くとマイナスのイメージ、良くない事、と思い浮かぶ方が多いと思います。

結論から言うと、悪いことではありません。

 

世間ではポジティブ思考が良いとされがちですが、

「UNIQLO」で有名なファーストリテイリングの代表の柳井 生さんもネガティブ思考であると知られています。

 

 

動物界でも

アフリカのサバンナでポジティブ思考なイボイノシシがいるとします。

先の事、危険なことを考えずに、イエエェェェーーーーイ🐗と走り回っていたら、生きてはいけないでしょう。

 

 

人間界も似てて、危険なことを考えずに思いつきの行動をすれば、痛い目に合うことも多いですし、

経験しなくてよい失敗を重ねてしまいます。

 

なので、ネガティブな部分は生き抜くために必要なことなんです。

将来、起きるかもしれない出来事、悪い事を考えるのは自分を守るために必要な行為です。

 

 

辛いとき、悲しいとき、落ち込んでいる時はどうしてもネガティブになってしまいます。

それは自分を守っている、大切にしているのです。

 

人に頼り、甘えて、言葉で発してみてください。

ネガティブな時ほど、感情を抑えず、出てきたら出す。泣く、悲しむ。その感情を抑える事は自分の能力に蓋をする事。可能性に蓋をする事。

 

そのネガティブな部分はあなたの魅力であり、個性です。

 

 

無理に自分の感情を殺し、無視して

 

「元気じゃなきゃダメだ」

「弱音を吐いたらダメだ」

 

まずは、ネガティブな自分を受け入れる。

 

 

ネガティブで落ち込むことは副交感神経の働きなので、休息モードでなんです。

神経を使いすぎてしまったので、落ち込んで回復させている段階。

 

焦らず、ゆっくり回復させてあげる。

 

 

 

 

そして、悪い部分だけに視点を向けず良い部分にも目を向ける。

 

 

ネガティブとは「事実を誤って認識していること」

 

良かった点に視点を変える。

それがあなたの武器になります。

 

 

 

 

 

 

AMIとして出来ること。

 

 

ネガティブ思考が過剰になっている人達は、呼吸も浅く、姿勢も悪く下を向いて歩いていたりしてないですか?

 

ネガティブだから姿勢が悪くなり、呼吸が浅くなる。

というより、

姿勢が悪くて、呼吸が浅いからネガティブになるとAMIでは考えています。

 

 

あなたはどちらでしょうか?

人生の幅が広がるとよいですね(^^)

 

 


実りある3月を🎵

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自律神経サロン ~AMI~

川口

大阪市中央区南船場4-10-20 グランドメゾン西心斎橋407号室

TEL 06-7710-5633

body.ami407@gmail.com

https://bodydesign-ami.com/