悲劇の天才

テーマ:
どうもー!!!


本日は甲子園はお休み。


って事で、久々に甲子園関連ではない野球ブログ!


今回は前に書いたら、また書いてとリクエストがあったのが、悲劇の天才!


今回は悲劇の天才は丹波慎也選手です。










{9107F977-419A-4CB0-8D92-94EA909BA150:01}











数多くのプロ野球選手を輩出してる名門横浜高校。


リアルアウトロー愛甲猛選手


2年連続首位打者鈴木尚典選手


メジャーリーガー高橋建選手


平成の怪物松坂大輔選手


数多くの天才と言われる選手が集まる名門。


そんな名門には悲劇の天才と言われる選手がいた。


丹波慎也選手。


松坂大輔選手の2年先輩。


1年生の頃から期待されて、唯一のベンチ入りなどを果たすが、怪我やスランプによりそのポテンシャルは完璧には出ていなかった。


しかし、2年の夏の新チーム体制では4番エース。


練習試合などで2度のノーヒットノーラン


打撃も打率、ホームラン共に見事な活躍


新チームのスタートとして素晴らしいスタート。


投打共に完全なる柱。


ドラフト注目選手でもあり


184cm 82キロとスケールも充分


勉強もできて


チームで一番練習をする努力家で


誰にでも好かれる好青年


もう完璧すぎる選手!!!!


そんな丹波選手を柱に、秋から夏まで負けずに無敵のチームを作る。


そんな矢先の1995年8月16日


丹波選手は就寝したまま起きる事なくその人生を終えた。


死因は心臓肥大による急性心不全


運命という言葉では片付けられない理不尽な結果に。


未来を嘱望されていた天才は、プロになる事はなかった。


エースで4番を失った横浜高校はその年の秋の大会。背番号1を欠番に。


丹波選手に変わってのエースは松井選手《後にヤクルトスワローズに入団。今は打撃投手兼スコアラー》


エースで4番という大きな柱はなくなったが、横浜高校は春の甲子園に出る事に。


関東大会で幕田選手《後に中日ドラゴンズ》がホームランを打った時


その打席の時だけ風向きが変わり、丹波選手が打たせてくれたというコメントを残してる。


たらればの話だけど、もしかしたら平成の怪物松坂大輔選手よりも先に怪物として活躍していたかもしれない。


そんな丹波選手のレリーフが部員達がお金を出し合って、横浜高校のグラウンドに置かれている。


丹波選手にはお兄さんがいて、肩を壊して野球を辞めていたが、弟の死により、意思を継いで野球を再開。


そして98年にヤクルトスワローズに入団する。


漫画タッチのような出来事が現実にあった。


是非丹波慎也選手の事をこんなブログをたまたま見た人でいいので、どこかに覚えておいていただけたらありがたいです。


最後に本日のかずきのどうでもいい情報。


改めて横浜高校を調べたら、プロ入りの数に驚き!なんと62人!


でわでわ