金融マンの口説き方 | 家族星占い
2008-06-24 10:01:02

金融マンの口説き方

テーマ:恋愛

ママ美 あたくしの友人にとてもモテる女性がいます。
家族星占いではママ美M子


恋はいつでも受け身

女は誘われて、なんぼよっ!!




そんなモテ女M子が知り合ったのが、投資会社勤務のバリバリエリート男性
なにやら桁違いな感じがしますわね、投資会社勤務って。
しかもバリバリのエリートですから、年収だってものすごそうよね。


食事に誘われたM子。
もちろん、有名どころのフレンチ。


最上級のフォアグラなどを食べつつ、楽しく愉快なお話。
美味しい料理をたっぷりと味わい、デザートがテーブルに登場したときに、投資会社エリートは彼女にこう切り出したのです。


「M子ちゃん、どうして……
 どうして、ボクのことを
 好きと言ってくれなかったの?」


キョトンとするM子。

(なぜ、わたしが『好き』と言わなければいけない?)

そう疑問に感じたものの、もちろん口には出しません。


「どうしてですか?」


おしとやかに、質問を返してみました。


「だって、R美ちゃんが好きって
 言ってくれたから、ボクはR美ちゃんと
 付き合うことにしたんだよ」


R美というのは、M子も知ってる女性。

R美が『彼ができたのー』といっていた、彼はこの人かと思ったM子。
2人の恋を邪魔する気持ちなど、M子には当然無い。

「よかったですね」


「なんで?
 ボクはM子ちゃんが好きって
 言ってくれたら、M子ちゃんと
 付き合いたかったんだよ!」


ドン引くM子。
しかし、食事もご馳走になることだし、穏便にここは済ませないとと、にこやかに彼をかわして帰ってきたそうです。


「あたしと付き合いたいなら
 自分からそう言えばいいと思わない?
 変な人だよね」


と、ややご立腹なモテ女M子。


金融マン、特に投資会社ではリスクは禁物。

投資会社エリート氏は、自分から口説くというリスクを冒すことなく、どうすればM子と付き合えるか考えたのでしょう。
ノーリスクでリターンを得たかったのです。


しかし、自分が望む恋を手にするには、ノーリスクなんて調子のいいことは、あり得ません。ましてや、ハイリスクでノーリターンという場合も、恋にはあり得るのですから。


自分から口説いて、告白して、気持ちを伝えてこそ、望む恋は手に入るのであります。
それをハイリスクと感じるなら、指を加えて見ているしかありませんな。


リスクを冒してでも、手に入れたいもの……
それがってヤツです。

かすみKオババ星@家族星占いさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス