想念と科学の融合時代 | 風天のブログ

風天のブログ

風大和研究所(http://www.futen.info/) 顧問の重川風天のブログです。風大和のこと、イベントのこと、宇宙のこと、さまざまにつぶやきます。


テーマ:

 

アインシュタインが解けなかった宇宙最強の力

 

アインシュタインと言えば20世紀を代表する天才科学者です。(*^▽^*)

 彼は生涯かけてこの世の全てを数式で解き明かそうとしていましたが、結局それは

叶いませんでした。

 

量子力学の登場が彼を混乱させたのは間違いのない事実ですが。。。

ただ彼は、この宇宙には、決して数式では解き明かすことが出来ない偉大な力がある、とは氣づいていたようです。

生前はそのことに触れなかったようですが、彼はその想いを彼の娘であるリーゼル・アインシュタインに手紙という形で託していました。

 

その手紙は1,400通にも及ぶそうですが、「自分の死後20年は決してその手紙を公表しないこと」との指示を受けていたそう。

リーゼルはその指示を添えてヘブライ大学(イスラエル)に手紙の全てを寄贈します。

 

以下はその手紙の中の一通です。

 

 

私が相対性理論を提案したとき、ごく少数の者しか私を理解しなかったが、私が人類に伝えるために今明かそうとしているものも、世界中の誤解と偏見にぶつかるだろう。

必要に応じて何年でも何十年でも、私が以下に説明することを社会が受け容れられるほど進歩するまで、お前にこの手紙を守ってもらいたい。

 

 

現段階では科学がその正式な説明を発見していないある極めて強力な力がある。

それは他のすべてを含みかつ支配する力であり、宇宙で作用しているどんな現象の背後にも存在し、しかも私たちによってまだ特定されていない。

 

 

その宇宙的な力は愛だ。

科学者が宇宙の統一理論を予期したとき、彼らはこの最も強力なまだ見ぬ力を忘れてしまった。

愛は光だ。それは愛を与えかつ受け取る者を啓発する。

愛は引力だ。なぜならある人々が別の人々に惹きつけられるようにするからだ。

愛は力だ。なぜならそれは私たちが持つ最善のものを増殖させ、人類が盲目の身勝手さのなかで絶滅するのを許さないからだ。

愛は展開し、開示する。

愛のために私たちは生き、また死ぬ。

愛は神であり、神は愛だ。

 

この力はあらゆるものを説明し、生命に意味を与える。

これこそが私たちがあまりにも長く無視してきた変数だ。

それは恐らく、愛こそが人間が意志で駆動することを学んでいない宇宙の中の唯一の

エネルギーであるため、私たちが愛を恐れているからだろう。

愛に視認性を与えるため、私は自分の最も有名な方程式で単純な代用品を作った。

 

「E = mc2(二乗)」の代わりに、私たちは次のことを承認する。

 

世界を癒すエネルギーは、光速の2乗で増殖する愛によって獲得することができ、愛には限界がないため、愛こそが存在する最大の力であるという結論に至った。

私たちを裏切る結果に終わった宇宙の他の諸力の利用と制御に人類が失敗した今、私たちが他の種類のエネルギーで自分たちを養うのは性急である。

 

もし私たちが自分たちの種の存続を望むなら、もし私たちが生命の意味を発見するつもりなら、もし私たちがこの世界とそこに居住するすべての知覚存在を救いたいのなら、愛こそが唯一のその答えだ。

 

 

恐らく私たちにはまだ、この惑星を荒廃させる憎しみと身勝手さと貪欲を完全に破壊できる強力な装置、愛の爆弾を作る準備はできていない。

 

しかし、それぞれの個人は自分のなかに小さな、しかし強力な愛の発電機をもっており、そのエネルギーは解放されるのを待っている。

 

私たちがこの宇宙的エネルギーを与えかつ受け取ることを学ぶとき、愛しいリーゼル、私たちは愛がすべてに打ち勝ち、愛には何もかもすべてを超越する能力があることを確信しているだろう。

 

なぜなら愛こそが生命の神髄だからだ。

 あるブログより

 

風天のひとり言

上記のブログを何回も何回も読みました。

相対性理論―科学を勉強したことのない私にとっての相対性理論は、

難しいとか簡単とかは、一切分からないのです。

なぜなら、簡単か難しいかまでも行っていないのだから。

どうせ分からないなら簡単に考えた方が楽しいに決まっている。

これが私の相対性理論でなく、「相対性遊び」である。

 

相対ということばの相対(対義語)は、絶対である。

二つのものを一つに合わせると相対を絶つので絶対と云う。一つになるのです。

初めにあるのは、宇宙は一つ、神は一様、真理は一つである、ということです。

見えない世界で有ると云うのは、エネルギーとか力とか働きのことです。

それを釈迦は空と呼び、宇宙は無限の一つの力のことで、

それを全知全能の宇宙エネルギーと云っているのです。

 

力とは能動原理 陽 と受動原理 陰 の相対が一つになる、相対を絶つと云うことで、

絶対力として存在しているのです。初めにあるのは、絶対という存在なのです。

別の角度から相対性と絶対性と云う相対を絶つのが絶対であるなら、

絶対の中には相対があり、相対の中には絶対がある。つまり、相対も絶対も同じ

一つのことなのです。

相対性理論には、相対性と絶対性が同時に存在している理論のことと思います。

一つの力を二つに、陰と陽に分けると陰子と陽子、電子と原子になりますが、それは、

宇宙エネルギーの表現なのです。その原子を二つに分ける、それを核爆発。

また分かれている二つのものを一つに合せる、それが核融合でエネルギー、力になるのです。

陰(質量)と陽(エネルギー)の融合は、完全調和・完全バランスの愛のエネルギーに

なっているのです。

この宇宙は、無限大の質量(陰)と無限大のエネルギーの融合で

無限大の力、無限大の愛が存在しているのです。

 

 

愛について

愛とは何か?愛とは完全調和・完全バランス、絶対調和、絶対バランスのエネルギーの

ことである。つまり、全知全能の力のことです。

 

みなさん、もっと全人類、地球のことを愛しなさい、あなたの仕事を愛しなさい、

あなたの隣人を愛しなさい、などと云われたら、どのようにして

愛したら良いのでしょう。

 

愛とは究極の存在のことでもあります。

全ては神なり。我は神なり、とは全ては愛なり、我は愛なり、ということです。

神の御心、神のご意志は愛である。完全調和、絶対調和の愛である。

全ては不可視の不可分の愛であると云うことばがあります。

神の御心とは私たちの心のことで、神のご意志とは私たちの想念のことなのです。

不可視とはエネルギーで目に見えない光のことなのです。

それは、光波動で波が動く宇宙エネルギーの働きのことなのです。

 

量子力学が進化

物質文明を大きく育てた物理科学が壁にブチ当たっています。見えないものは、

全て測定する装置もなく、証拠がないと、それを唱える人を非科学的と云う言葉で

片づけてきました。

 

私たちの意識はエネルギーだった

世界中の量子力学研究者が直接・間接的実験の繰り返しで見えない世界を証明

しはじめたのです。

物質は、意識から生まれると云いだしたのです。

今までエネルギー(波動)だったのを人間が、それを意識するだけで

波動が光子体(物質)に変化することなどを突き止めたのです。

 

意識、想念が全てのものを創りだしている。

釈迦やイエス、知花先生が云っている想念波動の力を証明したのです。

無限に存在する全知全能の宇宙エネルギーは私たちの意識と融合して

意識通りに働いていると云いはじめたのです。

 

想念は愛そのものだったのです。

その人を、そのものを、そのことを、やさしく思う。やさしく見ることを

愛していると云うのです。

 

地球を世界中の人を愛してください。

愛の想いは必ず相手先につながるのです。

相手先に働いたあと、更に成長して2倍、3倍になって発信元のあなたに

必ず帰ってくるのです。

これが宇宙の作用、反作用の法則です。

風天のひとり言でした

私はニコニコです

 

想念と科学の融合

 

風天さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ