新しい年、エネルギー文明に向って動き出す | 風天のブログ

風天のブログ

風大和研究所(http://www.futen.info/) 顧問の重川風天のブログです。風大和のこと、イベントのこと、宇宙のこと、さまざまにつぶやきます。


テーマ:

学校で教えない正月

正という字は、一つに止おくという意味です。

宇宙の存在は初めから今も未来永劫に一つのエネルギー体、

それを宇宙エネルギーと呼んでいるのです。

エネルギーは必ず能動と受動が一つになる調和しているのです。

能動を父なる神、受動を母なる神、日本では、いざなぎ男の神、いざなみ女の神と言っているのです。

仏教では陽と陰、科学的にはエネルギーと質量など全て能動的と受動的が一体として一つとして

存在している、それだけを正しいというのです。

 

明けましておめでとうとは、明るい日(陽)と月(陰)が一つになっている、

明るいとは調和、正しいと云うことなのです。

明るい心(想念)でいると良い芽(良いことが)が出る(現れる)と云う意味です。

12ヶ月の代表として1月を正月と云いますが実は1年中正月なのです。

 

福袋のお年玉(中味は福話)

能動と受動、陽と陰を相対として説明していますが、相対は完全調和しているので相対を絶つ、

相対を無くする、それを絶対と言うのです。

相対と絶対とは同じことなのです。

 

人間は生命と肉体の融合体です。

生命が能動で肉体は受動です。

生命と心は目に見えない同じエネルギーのことなのです。

私たちの日常生活は100%想念(心)が決めているのです。

肉体は想念通りに動かされている道具、受動なのです。

 

初詣に行ったり朝日を見て合掌するのは良いことだと思います。

右手(陽)と左手(陰)をハートセンター、心の前で陽と陰を合わせる一つにする

エネルギーが発生するのです。

神社や朝日に向かいお願いごとをする人がほとんどですが、お願いするということはあなたが

受動的なロボットのような存在になってしまうのです。

あなたは初めからもっている絶対と云う全智全能の力を放棄してしまうようなものなのです。

あなたの全ての力を少なくしてしまうのです。

でもお願いしたら少しだけ良くなるというプラシーボ効果がチョッピリ働くかもしれません。

 

お参り、お祈りのやり方

全てが能動、受動が一体化した一つの絶対と云う、全智全能の力なのだ、

私は宇宙そのものだと思い、それからあなたの希望を心静かに想念するのです。

くれぐれも願いごとはしないでください。

大きな損をします。

 

さあ今年から人間、肉体個人ではなくて、人間の形をした宇宙そのものだと云う想念を

放射し続けてください。

必ず大きく変化します。

 

                                                  重川 風天

 

風天さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ