どのように接触するかという前に、間合いで技になるかどうかはほぼ決まる。

緊張状態の接触では互いの身体は閉じる。

弛緩でもだめ、まず間合い、そして自身の重心。

そっと触れるように関節の可動を感じながら動かす。

変化の前に追い越すのではなく、変化に沿うように自分の身体を動かす。

力を抜くことは、言葉では単純なことだが、実際は間合いや、接触、重心などが関わっている。

人は緊張してないと思っても対峙しただけで構えを作るもの。

そんなときに
重心の位置をコントロールできれば、緊張を解くことが出来る。

身体の稽古は、出来るとか出来たいとか、そういう表面的な達成感に似る欲の働きでは到達できない。

細部の地道な観察と感情の働き、動作などが重なりながら一つの現象が成っていく。

だから丁寧に地道な稽古が大事なのだ。

そしてそれが楽しみに変化していけば言うことないのだが。