運動をする前に準備運動をします。

血流を良くし筋肉を動きやすくするため。

肩を回したり関節の運動など。

さて研究稽古では細部の動きで変化する身体を見つけます。

例えば肩の可動を良くするには肩を回しますよね。もちろんですが、指でこのような形をしてみます。



これを順番に他の指も輪を作っていきます。


指先に意識をしてしっかりと。
力みすぎはだめです。
あと、他の指がダラッとしてるのも違います。



このように。

この指の輪の動作を何度かやってみると肩が挙がり易くなったりします。

他の所作でもいいのですが、わたしはこの指の運動をやってから肩を回したりします。

また指の気の抜けた状態も関節の可動を狭めます。

こんな感じ

ですから稽古では指が自然に放たれた状態をみて全身の連動を見ます。


あくまで私の体感です。

身体は細部で細かく繋がっています。

近い箇所だけがそこに影響しているわけではないのです。

ということで今日はこんな感じ!