いやさか天晴れ〜ど!! | 風のように生きる〜誰かを変える風ではなく、誰かのための風でありたい〜
新型コロナウイルスに関する情報について

風のように生きる〜誰かを変える風ではなく、誰かのための風でありたい〜

本当の自分を生きるを伝える、風プロダクション公式ブログです。
時に曽爾村人力車夫、時にかたりべ、時に全国聖地案内人いやさか祥平のこと、イベント告知など綴ります。
このブログを通してご縁いただけること、心より感謝します。

今日はいやさか天晴れ〜ど!!




 

美杉の道の駅から、大石不動院というところまで歩きました。

前回のご縁から沢山の地域の方々が見送りをしてくださいました。






すでに、奈良県を出て三重県です。



この旅は、倭姫が、アマテラスの故郷である三輪を出発し、永久に鎮まるにふさわしい聖地を求めて旅をされた軌跡のひとつである伊勢本街道を人力車をひいてたどり、僕らなりに、アマテラスの願いを形にしようという想いで歩いているものです。







それというのも、1万人いやさかというものは、コロナの時代をアマテラスの岩戸隠れにたとえ、いやさかわっしょいと歌い踊ることが、アマテラスを岩戸の外へとお迎えすることになるというストーリーのもと、やらせてもらっているものなので、アマテラスの願いを叶えるということも、この祭りの重要エッセンスなのです。





 

みんなで歩いた峠道。

車であれば、グネグネ道をかなり走らねばなりませんでしたが、徒歩であれば、かえって短い距離で一気に坂をくだっていくことができました。

歌いながら降りていく昔ながらの山道は最高に気持ちがよかったです。

その間、人力車は軽トラで車道を運んでもらいました。  

 

歩くってほんとうに豊かだなぁって実感します。

僕は日本一周を人力車で歩いたことで、それを体感しました。

でも、その体感は、言葉で伝えても絶対に伝わらない。






 

だから、僕はいつの間にか、日本一周の旅の中身を語ることをやめてしまっていました。

あの感動は体験したものしかわからないから。

 

 




でも、今、こうして一緒に歩いてくれる仲間がいます。

彼らは、これを体験して、伊勢まで歩くと決めてくれています。

やっぱり、体験すればわかってもらえるんだ!







 

体験しなければわからないと拗ねていた自分が、

体験したらわかってもらえるんだ!!と喜ぶ自分へと変わりました。

 

 

今、僕は最高の仲間たちと時を過ごしています。



次回は10月26日。



11月末、12月末、1月末と、続きます。

最後は伊勢を駆け抜け内宮へ!!

 





 

体験したものにしかわからない感動。

なぜ、参加者の一人が人力車をおして歩きながら意味のわからず声をあげて号泣したのか。

 

歩けばわかる。

 

門戸を閉ざしているわけではありません。

来るもの拒まず去る者は追わず。

 

 

ご参加を笑顔でお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。






写真提供

写真屋かしわもち柏木宏友さん






一人ひとりの


心の岩戸をひらく

いやさかわっしょい。







公式メルマガ(無料)

『風プロ公式メルマガ☆いやさかわっしょい!!』→ https://resast.jp/subscribe/114630/1313253 

 


1558991?o=((customer_name_urlencode))&size=200x200






一万人いやさか応援fbグループ

https://www.facebook.com/groups/966082246903638/?ref=share

 

オリジナルのいやさか七福神手ぬぐい販売スタートしました!