仙台の六芒星ツアー | 風のように生きる

風のように生きる

なにものにもとらわれない生き方を目指す伊勢の神話がたり、山田祥平の日々の日常を綴ります。
時に人力車夫、時にかたりべ、時に聖地案内人、時にセラピスト、時に演奏家、時にもの書き。
このブログを通してご縁いただけること、心より感謝します。


テーマ:

神話(=MYTH)と歴史(=HISTORY)が一つになる旅、


ミストリーツアーin 仙台。




今回のテーマは『六芒星』と『伊達政宗』



宮城県仙台市、この町は400年前伊達政宗公によって築かれました。その意図を組み、数代にわたって設計された都市。


郷土史家が25年前に発見したとされる仙台に配された六芒星。

意図的に配したか、偶然そうなったか、正直、僕はよくわかりませんし、どっちだっていいと思っています。


むしろ、たまたまなっちゃってたってほうがおもしろいんじゃないかなってくらい。笑


今回、見ていきたいのは、伊達政宗公の想い。





戦国時代から江戸時代という激動の時代を外様大名という立場で果敢に切り抜け、なおかつ、東日本大震災のちょうど400年前に起こった大津波を経験し、そこからの復興のシンボルとしての慶長遣欧使節団という発想をいだける独創性。


三日月をカブトに掲げ、


『曇りなき 心の月を さきたてて 浮世の闇を 照らしてぞ行く』という辞世の句を読み上げるその感性。


仙台と名前をつけ、理想の国づくりを目指した伊達政宗公の想いを感じる旅に出たいと思います。

それがたまたま六芒星になっちゃったんだと思います。


だって、六芒星は陰陽の統合された調和の象徴だから。


彼の軌跡をたどることで、彼の中を流れる縄文の風も感じられるのではないかと思っています。

青葉神社には、神代文字のひとつとされるホツマツタヱのヲシテ文字も掲げられています。


7月に訪れるアイヌの北海道に繋がる確かな軌跡になると思います。

ご一緒できますこと、心より楽しみにしています。



歴史と神話を紐解きながら、仙台六芒星といわれる六ヶ所⛩

🌙青葉神社、仙台東照宮、榴岡天満宮、愛宕神社、宮城県護国神社(青葉城跡)、大崎八幡宮を巡ります。



なかなかない仙台のツアー、是非この機会に♪



翌日3月11日、震災の日  六芒星のひとつの「青葉神社」にていのちのエール、弥栄の唄を正式奉納させていただきます。




〜こんな方におすすめ〜



・仙台にご縁がある

・六芒星にぴんとくる

・伊達政宗が氣になる

・神力車祥平に会ってみたい

・ミステリー、謎解きが好き




〜ツアー詳細〜



■一日目 ■

3月10日日曜日


9時仙台駅集合


仙台東照宮、榴岡天満宮、愛宕神社、宮城県護国神社(青葉城跡)、大崎八幡宮など六芒星のうち五芒星を巡ります



18時仙台駅解散



時間の都合でまわれなかったらごめんなさい。

全部まわりきることよりも、

ひとつひとつの場所から何を感じ取ることができるかを大切にしたいと思います。

もし、参加者の方のご都合が許すのであれば、ご希望の方と、遅くなっても五社すべてまわることも検討します。



【1日目ツアー参加費】



12000縁(神魂結セッション希望の場合は別途)


神魂結セッションとは…

こちら



【お申込み方法 】

(フォームにて受付けます。"仙台ツアー"とご明記ください)

申し込みフォーム



■二日目■


3月11日月曜日


9時青葉神社集合


10時〜青葉神社にて正式奉納


★『弥栄の唄』、『いのちのエール』・神力車祥平

☆宇宙の音紡ぎ・念波ヴァイオリン原田薫さん、

☆宙舞<そら・まい>chura薫さん



開始前に弥栄の唄の手話を含めた振り付けをお伝えさせていただき、一緒に弥栄の唄を歌いましょう♪

奉納後は青葉神社の案内をさせていただきます。



13時頃一時解散


13時から神力車祥平の'言霊塾"カムホギ。

今回は青葉神社にて【ホツマツタエWS】を行います。(料金別途)



皆さんで

ヲシテ文字で【名前】を書いてエネルギーを感じたり、

【フトマニ図】を描いたり、

【あわ歌】を唄います






【2日目のみの案内、奉納の参加費 】

お氣持ち制(一部を玉串料として合わせて奉納させていただきます)




【お申込み方法】

神力車祥平まで直接メッセージをしてください

(kazepro@gmail.com)




【青葉神社HP】

http://www.aoba-jinja.com/


【アクセス】

JR 仙山線・北仙台駅より徒歩5分

仙台市地下鉄南北線・北仙台駅の南1出口より徒歩5分

駐車場:無料



神力車 祥平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ