神の山で○○します! | 風のように生きる

風のように生きる

なにものにもとらわれない生き方を目指す伊勢の神話がたり、山田祥平の日々の日常を綴ります。
時に人力車夫、時にかたりべ、時に聖地案内人、時にセラピスト、時に演奏家、時にもの書き。
このブログを通してご縁いただけること、心より感謝します。


テーマ:

【二日目の内容が更にステキになりました❗️】


2日目は、祥平ナビゲートによる、

午前中は姫路の神崎郡のスペースにてカタカムナワークショップ。



(初の姫路でカムホギ!)



午後は巨石をお祀りしている生石神社へ。

水に浮かんでいるように見える重さ500トンの謎のご神体、石の宝殿を参拝したあと、





様々な業界でいま話題の神山、"高御位山"でカタカムナワークをします♪⛰




しかも、岩坂なる神聖な神の山でオトを響かせるワークで大自然の中で一体となり、ココロとカラダでカタカムナを氣持ちよく体感。


カタカムナは風が吹き抜け、磐座の上でオトを響かせるととってもとっても解放されて氣もちいいんです❗️

しかも高御座山は道も登りやすく、子連れで登る方もいるくらい氣軽に登れます







~生石神社とは~


祭神;オオクニヌシの別名「大穴牟遅」と「スクナヒコ」の二柱をお祀りしている。 





〜高御位山とは〜


播磨富士ともいわれていて、高御位山は兵庫県加古川市と高砂市の市境にある304mの神山。

大己貴命と少彦名命が天津神の命を受け、国造りのために降臨したので、高御位山と名付けられ、高御位山全体が御神体!

山頂からは淡路島、そして天氣が良ければ小豆島や大山も臨めます。巨大な一枚岩を登る箇所もあり、とても楽しめるお山。

 




※東の麓の加古川市志方町成井(しかたちょう なるい)に無料駐車場があります。


※解散が姫路駅→宝殿駅解散になりました。

  








先日の静岡のカムホギにて







僕が大切にしているのは、カタカムナをその場、その時だけでなく、


いかに、言葉を"言霊"として

日常的に自分のものにできるか?


そのためには言霊がどれほど素晴らしいかを教えたいのではないんです。


言霊って、ヤバーイ!!って腹の底から叫んでほしいだけなんです。


頭で理解したものは使えるものにはなりません。

体で体感して初めて自分のものになります。


🍎


りんごを使ったレシピを覚えるよりも

りんごがどれほど素晴らしいかを伝えるよりも


りんごそのものをまず食べてほしい。


食べたことがないのにレシピだけ詳しくても、りんごの素晴らしさを語れても、そんなのナンセンスじゃないかと僕は思うんです。

食べてからレシピを覚えてください。


食べてからその素晴らしさを伝えてください。


🍎


言霊も一緒です。

体感することは食べること。

体感していただけば


これが入り口になり、各自で理解を深めていくのもいいでしょう。


どれが一番素晴らしいかではなく、

どれもそれぞれかけがえのない役割を持ってこの世界に存在してるんだと伝えたい。


言霊は世界の縮図なんです🌎

そのエネルギーを感じ、腑に落としたあと、

自分が宇宙と感じながら、大自然と一体になって体感する。


その瞬間、あなたの言葉に魂が吹き込まれ、言霊となってあなたの世界が更に広がります∞』


神力車祥平こと、山田祥平∞






神力車 祥平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス