神武天皇の命日4月3日に合わせて橿原神宮にてとりおこなわれた神武祭。
それに合わせて竹あかりと書と麻が奉納され、奉納された作品が点灯されるのが4月7日だということでいってきました。

 
{310DB662-2211-4640-8E57-5144024250F7}
そしたら、奇しくも伊勢で人力車をひく光勢屋の前田光明氏が婚礼人力車で橿原神宮にきているというミラクル。
弟子の仕事ぶりを観察。
いやぁ、素晴らしかった。
いい仕事してました。
感動しましたよ。
 

 

{61F618FF-4D02-431F-A144-D63899D5F20B}
 
そして、その流れで、書の奉納をする伊藤潤一くんの登場シーンにも人力車を活用することが急遽決定!
最高の演出になりました!
{BC485258-9E6B-43E6-8634-F0F6BAEAE078}
 
 

 

伊勢志摩サミットでも書の奉納をした今をトキメク若者の代表的存在の潤一くん。

参道のど真ん中で素晴らしい書を奉納してくれました。

『平』と『安』

平安と読むのではなく、一文字一文字を感じてほしいとのこと。

そしたら、

『平けく 安らけく』という祝詞の一節が思い出されました。

 

素晴らしかったです。

{B1B63A03-A6DB-43C5-BC98-FD5E4649E69F}
 
 

 

その後はお調子者の光明が観光大使の『さらら姫(持統天皇のこと)』を乗せて走ったり、

金鵄を弓に受けた神武天皇になりきって写真をとったり、楽しい時間。

 

{2C996C2E-956B-4094-821D-ED051886CD51}

 

竹あかりを奉納する川渕皓平くんが竹あかりワークショップをやっていて、思いがけず参加してもらうことになりました。新居の玄関に飾りたいものができて大満足。

 

 

{62C8463F-88C4-43CD-9CF2-8EE9CAADC7DC}
裏側は、想麻と僕のシンボルマークの麻を。
 

 

 

{6F8F2B6E-E597-44CE-86DE-72E941B6C6F5}
 
今回の主役たちとパチリ。(すっかり私服に着替えちゃいましたが)

 

 

{1932AF5D-B6A2-4709-AC7A-6F4CB8D0E127}
 
こちらは、『平』。
祥平の平です。笑
 

 

 

{E841D2EE-BC77-43F7-BD20-F58293D8167B}
 
こちらは『安』
うちの母の旧姓、安藤の安です。笑

 

 

{31F776C5-2430-47DF-B514-65C781612DC4}
 
神武天皇に呼ばれた男たち。

 

 

{E839C1F6-8042-46D8-B0C6-8D41BCD5E36A}
 
夜は、このような感じで竹あかりライトアップ。

 

 

{75B0E813-326D-4360-9668-A6B0DD7B5B39}
特別に廊下にも入れさせてもらい、中から夜の拝殿をみさせていただきました。

 

 

{E1950542-C3E4-4F8A-B220-CCC68394AD27}
こちらが本殿に置かれていた三人のコラボ作品。
麻の葉模様が刻まれた竹あかりに『祈』の文字。
それを見守るように、精麻。
それを依り代にして祈りを届けさせていただきました。
すごく心地よく繋がれた氣がします。
 

 

 

{C18B5162-02BA-49E3-92AD-2B5412CE143C}

 

 

{05471F9B-F97E-4E3F-B98D-582B863E3417}
 
美しい時間でした。
 
 
終了の時間がくると、急に雨が降り出し、ほんとうに神様がみていてくれたんだなぁと感じました。
 
今回のことは、橿原神宮からの依頼ではなかったそうです。
橿原神宮のすぐそばに暮らしながら今まで神武天皇に想いをやったことがなかったという麻の作家の春さんこと高岡春満さんが、神武天皇に想いを捧げたいという情熱を一途に伝え、橿原神宮が受けたという形。
なので、ギャラはほぼゼロ。それでも共感し、共にすることになった書家の伊藤潤一くんと、竹あかり作家の川渕皓平くん。本氣で捧げた今日までの日。しかも、皓平くんはこの日の前夜に子どもが誕生するというミラクル。。
 
4月3日には特別な場所で彼らだけで奉納もしたらしく、4月7日の夜は一般の人たちへそのおすそ分け。
いい形になっていったらいいな。
 
建国の想いが祈りとして日本全国へ伝わっていきますように。
 
 
彼らの想いをいっぱい受けた昨日。
それを少しでもみなさまにおすそ分けしたくて久しぶりにブログを綴りました。
 
 
損得を越えて祈る氣持ちで想いを捧げる姿は美しいですね。
神様は必ずそういう人をみています。
応援しているよという証拠を、僕らに『奇跡』という形でみせてくれるのですね。
 
いい一日でした。
 
ありがとうございました!
 
 
いやさか(*´∀`*)ノ
 
 
神伝人(つたえびと)
山田祥平 拝