ホツマツタエ入門 by 鈴木ゆりこさん  @ときわ荘 (8月1日17:00~) | 風のように生きる

風のように生きる

なにものにもとらわれない生き方を目指す伊勢の神話がたり、山田祥平の日々の日常を綴ります。
時に人力車夫、時にかたりべ、時に聖地案内人、時にセラピスト、時に演奏家、時にもの書き。
このブログを通してご縁いただけること、心より感謝します。


テーマ:

東京より鈴木ゆりこさんを招いて

ホツマツタエ入門 お話会をやります!



8月1日 17:00~19:00  会費500円   ときわ荘にて



伊勢の修養団で毎月行われている池田先生のホツマの勉強会に東京から毎月通われているゆりこさん。

二見で行われたホツマサミットの主催者でもあります。

笑顔輝くとっても素敵な女性です。

そんな人がせっかく毎月伊勢にきてくれているのに、そのまま帰すのはもったいない!

ということで、ゆりこさんのお話を聞く会を開催しちゃいます!


テーマは、明るく楽しく元気よく!


ちはやぶる“ときわ荘”の日々~伊勢で唯一の人力車、神力車祥平が綴る非日常なる日常~








ホツマツタエという文献に出会って感じた感動をそのままお伝えしていただきます。



ところで、ホツマツタエって何?

という方に、簡単にご説明。

ホツマツタエとは、古事記の原書になったとされている書物で、


漢字が中国から伝えられる以前より日本にあった文字で書かれている文献です。


ちはやぶる“ときわ荘”の日々~伊勢で唯一の人力車、神力車祥平が綴る非日常なる日常~





アマテラスさんの時代のことも、神様の世界という仮想の世界ではなく、歴史書として書かれていて、神話の謎をひも解くカギを握る書物です。

学問的に読めばいくらでも難しくなっちゃいますが、

なにより、ゆりこさんが超楽しい人!

だから、楽しくホツマを学べてしまいます。



当日は、外宮さんの浴衣で千人参りと時間がまるかぶりですが、

そんな中、ときわ荘で明るく楽しく真理を探究するっていうのもありかな、と。

外宮さんの神様である豊受大御神さま(ホツマではトヨケカミ)のことも説明してくれます。

このトヨケカミという人物が日本を語る上で欠かすことのできない存在なのです。

その辺も含めて、お話してくれるそうです。

めちゃくちゃ楽しみ!

ホツマというのは、真実という意味だそうです。

解き明かされる真実をお楽しみに!

では、当日お待ちしております。

終わったあとは、流れ次第ですが、8月1日だけ20時までやっている外宮さんの夜間参拝をみんなでして、そのあと、みんなでお食事でもして、解散という流れにしたいと思います。



素敵な一日になると思います。

素敵な一日を共有してくれる方、ぜひコメントやメッセージくださいね!

よろしくお願いいたします。




ありがとうございます。









 


ときわ荘より愛をこめて








神力車 祥平




神力車 祥平さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス