「ただ、光に向かって進め」 | 「ありがとう」の風

「ありがとう」の風

「風の集い」と「ありがとう断食セミナー」は、私の唱える「結びの思想」を「ありがとう禅」を通じて全身で理解し、自分を古い思い込みから解放する場ですので、ぜひ積極的にご参加ください。

 山梨県大月市の山中に、「矢立の杉」が屹立している。大樹の横には清流が流れていることがよくあるが、ここもそうだ。山火事で芯の部分が焼けてしまっているが、樹齢1000年以上の生命力は今も旺盛に見える。いきなり「過去の因縁など、関係ない」と仏教の因果論を木っ端みじんに粉砕するような言葉が降りてきた。この世に起きていることは、すべて宇宙の法則に沿っており、善悪を超えている。「ただ、光に向かって進め」と言われた。世俗的生活の中で「光に向かう」とは、どういうことなのか、各自がよく考えてみなくてはならない。たしかに仏教者も因果論に囚われているかぎり、そこに大きな限界が出来てしまう。それを脱却しないと、自由は手に入らない。ところで、「矢立の杉」は甲州街道の笹子峠近くにあるのだが、昔の人はこの険しい山道をせっせと歩いていたと思うと、文明の恩恵に甘んじる現代人の精神力が脆弱になったのも、つくづく無理のないことだと思えた。

********

心と体が喜ぶ真菰の予約版売:https://sohoshop.stores.jp/

オンライン『ありがとう禅』:9月19日(日)、24日(金)、詳細はHPをご覧下さい。

【お申込みフォーム】
9月分https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSclARA9uCjiXdxlAW3lRUiJM84fLSt8OKknjK5GeP3vRIY0qA/viewform?usp=sf_link

年間お申込み
https://forms.gle/tmtmqDXDwZ2sKCTv6

 

月例護摩:9月26日(日)