占いについて | 心とヨガとカラフルな世界

心とヨガとカラフルな世界

幸せの鍵は自分の中に。
心のことやヨガ、カラーヒーリングなどを中心に、自分で自分を幸せにする方法を綴っています。

占いはお好きですか?

 

私は、もともと占いが大好き。

昔は雑誌の占い特集などをよく見ていたし、新宿の母に始まり電話の占いなんかも利用しましたし、占いとは違うけど、チャネリングとかもちょこちょこ受けました。あとIvarnaのソウルメイトのやつとか(笑)

 

ですが、途中からこういったものから距離を置くようになりました。

占いやチャネリングで一時的に気分がラクになったり高揚することはあっても、根本的な解決や心の安寧は得られなかったからです。

 

でも今なら分かるのですが、当時は心理的に依存的な所があり、占いを、「より良い人生を創るための参考として主体的に活用するためのもの」とするのではなく、結果に自ら縛られたりこだわったりして、人生を占いに委ねてしまっている、というところがあったからです。

だから占いの結果に翻弄されて、結果次第で心がアップダウン。「自分がない」状態ですね。

 

占いに頼るのをやめた後、「自分と向き合う」ということをして、初めて「心の安寧」や「本質的な幸せ」というものに出会うことが出来ました。

 

自分と向き合うことは、自分で自分を幸せにするという覚悟が伴います。

とても主体的なものだし、向き合う中でこの世の仕組みのようなものに気付いて「結局は自分が目の前の現実を創っていたのだ」という事実を知ることでもあって、「自分の人生を誰のせいにも出来ないのだ」と気づくことでもあります。

 

こういうのに気付くことは、ちょっと痛くて受け入れがたかったりもするのですがぐすん

でも、結局この「自分で自分を幸せにする覚悟」や、被害者意識を捨てること、自分の人生を他者のせいにしないこと、「本当の意味での精神的自立」こそが、自分を苦痛から救ってくれるし、自分を自由にしてくれるし、自分を幸せにしてくれるのだ、ということを体感しました。

 

「依存」って、「頼る」というだけでなく、「自分の人生が他者によってコントロールされている」と思う事、自分の上に誰かを置くこと、自らを被害者だと思い込むこと、つまり、自分の人生のコントロールを人に明け渡してしまっている状態だと思います。精神的に自立している人は、自分の外側からマイナスな影響を受け取ることはありません。

 

そう、こういうのは受け身的に「受けている」のではなく、自分から「受け取っている」のです。

いい事も悪いことも。

 

何を「受け取ろう」としているかを、自分で選んでいるのです。

 

会社を「イヤな場所」「労働させられている」と「被害者」的な観点から受けとめるのか。

または、「人間関係や社会のことを学びながらお給料を頂けている」と受けとめるのか。

 

私は、「必ずしも毎日決まって自分のベストなパフォーマンスを提供出来ているというわけではないのに、毎月同じお給料を頂けるなんて、会社ってなんて寛大なんだ、なんて有難いことだろう。」って思ってましたニコ

 

あと、人間関係で悩むことも多いかと思いますが、誰かのせいで嫌な気持ちになったとしても、その人は別に意地悪をしてるわけではなく、ただその人の「ありのまま」の言動をしているだけであって、それに対して受け取る側が、わざわざ「嫌な気持ちになる」ことを選んでいるだけだったりします。

 

こういう「嫌な気分」は、自分の中の「反応の種」に気付くために起こっています。

そこに気付こうとすることが自分と向き合うことであり、自分を愛することでもあります。

自分を愛するって、我慢をやめたり、欲しい物を買ったり、やりたいことをするだけではないのですウインク

 

「自分と向き合う」ことは、ちょっと面倒に思えるかもしれませんが、結局は幸せへの近道となります宝石赤

 

で、話が占いに戻りますが、

占いは、この「自分と向き合う」ためのツールの一つとして利用・活用するというのが一番いいんじゃないかなというのが、占いに対する今の私の気持ちです。

 

昔々は「未来はどうなる?」ということが気になっていたけれど、自分と向き合うようになってからは、「自分の本質って?」「私ってどんな性質を持っているの?」という方へ興味が完全にシフトしました。

 

だから、占いの中でも数秘術や四柱推命が面白く感じます。

 

まだ誰かに見てもらったことはなくて自分で調べただけですが。

数秘術や四柱推命って別の占いではあるのですが、どこか繋がってるように感じる部分もありました。

 

数秘術や四柱推命で出た自分の命式や結果を見て思ったのは、「当たってるニコ」ということ。

つまりは、自覚があることばかりでした。

だから、ああ、感じるままありのまま生きればいいんだな、という思いを強くしましたし、欠点と思っていたことも命式通りなのであれば、欠点と捉えるのではなくてそれを資質として生かしていく方へ視点を変えればいいんだなと思って気がラクになりました。

 

あと、旦那さんのものも調べたのですが、それまで旦那さんに抱いていた理解不能な部分も理由が分かってスッキリ。

夫婦円満のためにもおすすめですよ。

 

自分と向き合う中で自分を知り、自分といつでも繋がることが出来ていれば、占いであえて自分の本質や性質や使命を再確認するような必要って、ないんじゃないかなとは思います。

 

でも、人間、揺れる時や迷う時もあるものですよね。

そんな時に、自分の原点に立ち戻る一つのツールとして知っておくのもいいんじゃないかなと、私は思っています。

 

それでも、いつでもどこでもまずは「自分と向き合うこと」がとても大事であることは言うまでもありません。

悩みの解決法も自分の中にあるし、何かを決める時にも結局自分はどうしたいのかが全てなので、全部「自分」が教えてくれるのですからウインク

 

でも、正直な話、自分と向き合う気力がわかない時もありますよね。

私の場合は、そんな時は一旦放置(笑)

ひたすら寝たり、ヨガしたり、ジムで運動したり、瞑想したり、ドラマ見たりと、別のことをして過ごします。

そんな風にゆるゆるして過ごしていると、ある時に答えがフッと湧いて来たりすることもあります。

緩むって、大事なのですニコニコ

 

 

沢山の方にメッセージを届けたいと思っています。よろしければクリックラブラブお願いします。

 


人気ブログランキング