僕がプロ将棋を見るようになったころはすでに下火でしたが、矢倉といえば森下システムというイメージです。