並べてみて、ずっと後手が微かに良いと思っていたのに、終盤になったら先手勝勢になってる。

特に後手に悪手もないように見えたのですが・・・

図の▲2二馬の押し売りが渡辺棋王の新手。

実戦的で個人的には好みの手ですね。ただし、駒損するし、後手玉に明確に迫る順もないので互角よりは後手持ちです。

 

▲2二馬としたら、まあ、ここまでは必然じゃないですかね。

 

ここで一旦落ち着いてみて・・・やっぱり先手が香損で玉形はやや先手ですが、お互い崩壊速度は変わらないと思うので49対51くらいで後手持ちなんですけどね。

実際どうなんでしょうか。ここでもし先手がいいのなら67手目の▲1一龍まで戻って考え直しですね。

先に▲7五桂をやろうが▲7八金は必須の手ですね。

こうゆう手が一目で見えるようになったらもっと強くなれるんでしょうけど難しいです。

▲8八玉から読んで寄せられることに気づいて、▲7五桂△7四玉で1手の余裕がないことに気づいて、▲7八金にやっと辿り着けました。

ここから△6九金▲8八玉△7八成銀▲同玉△7四香と進むと先手が大分良くなってるんですよね。不思議でならなかったです。

68手目△8六歩~86手目△5九角成の間が考えどころでしょうか。